ニュース News

キリオスやガウフがSNSでダブルスパートナーを募集!

「全豪オープン」男子ダブルスで優勝したキリオス(左)とタナシ・コキナキス

SNSでダブルスパートナーを募集するというトレンドは、昨年の「ウィンブルドン」の前にテニス界の「悪童」ことニック・キリオス(オーストラリア)が始めたものらしい。その募集の結果キリオスは、元世界女王でグランドスラムの混合ダブルスでも2度優勝しているビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と組むことになり、2回戦に進出した。今回はキリオスの他に、「全仏オープン」で準優勝した18歳のココ・ガウフ(アメリカ)も、「ウィンブルドン」での混合ダブルスのパートナーを募集している。米テニスメディアBaselineなど複数メディアが報じている。

以前から混合ダブルスに出てみたかったというガウフはこう説明。「混合ダブルスにも出たかったけれど、(シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの)3種目全部いっぺんにはやりたくなかった。でも今回はランキングポイントが出ないから、女子ダブルスに出場しなくてもダブルスのポイントに影響はない。だから混合ダブルスに出るいいチャンスだと思った。だけど誰にパートナーを頼んでいいかわからなかったし、断られるのも怖いから、Twitterに載せてみたら、うまくいったわ。あとは誰と組むか決めるだけ」

ガウフは既に二人の候補者からオファーを受けているのだ。「また僕が勝たせてやるよ」と冗談交じりにリプライしたのは世界ランキング162位のクリストファー・ユーバンクス(アメリカ)。実はガウフとユーバンクスは2018年「全米オープン」の混合ダブルスにワイルドカード(主催者推薦枠)で出場。1回戦で第3シードのペアを倒すという番狂わせを演じて見せた。

「僕らはいいチームになると思うよ」と返信を送ってきたのはダブルス元世界2位のジャック・ソック(アメリカ)。ソックは男子ダブルスでこれまでに16のタイトルを獲得しているだけでなく、2011年には「全米オープン」、2016年には「リオデジャネイロオリンピック」の混合ダブルスで優勝している。ガウフが誰と組んで混合ダブルスに出場するのか、楽しみだ。

一方のキリオスは、先日「誰かマヨルカでダブルスをやらないか」とTwitterでつぶやいた。キリオスは「ウィンブルドン」の前に「ATP250 マヨルカ」(スペイン・マヨルカ/6月19日~6月25日/グラスコート)のシングルスに出場予定だが、そこで男子ダブルスでもプレーすることを考えているようだ。こちらにはまだ選手からの反応はないようだが、多くのファンが「僕はあいてるよ」「ぜひダブルスをやりたい」などと名乗りをあげたり、「ラファエル・ナダル(スペイン)に頼んでみれば、彼が住んでいる町だから」「ダニール・メドベージェフ(ロシア)は?」「スタン・ワウリンカ(スイス)はどう?」など、本気とも冗談ともつかない数々の提案が寄せられている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」男子ダブルスで優勝したキリオス(左)とタナシ・コキナキス
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. キリオスやガウフがSNSでダブルスパートナーを募集!