ニュース News

国枝、上地がシングルス&ダブルス決勝へ。シフィオンテクとガウフ、新女王となるのは?[全仏オープン]

「全仏オープン」での国枝とフェルナンデス(右より)

現地6月4日の「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)では、車いすの部で国枝慎吾(日本/ユニクロ)と上地結衣(日本/三井住友銀行)が登場。それぞれシングルス、ダブルスで決勝を戦う。また、女子シングルスのチャンピオンも決定する。

国枝は最初、本日コート14で現地11時(日本時間18時)開始予定のシングルス決勝で第3シードのグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)とタイトルをかけて争う。その後、1試合挟んで同じコートでダブルス決勝にも挑む。こちらではシングルスの対戦相手であるフェルナンデスとコンビを組み、第1シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)ペアを迎え撃つ。

一方の上地は、まず本日センターコートであるコート・フィリップ・シャトリエで、現地11時(日本時間18時)開始予定のシングルス決勝に臨む。対戦相手は第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)。上地はその後、コート13の2試合目となるダブルス決勝にクオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)とのペアで出場し、デ グロートとアニーク・ファンクォト(オランダ)の第1シードペアと対戦する。

コート・フィリップ・シャトリエでは上地のシングルス決勝が終わると、現地15時(日本時間22時)以降に女子シングルス決勝がスタート。2020年大会のチャンピオンである第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)とグランドスラム初優勝を狙う18歳の第18シード、ココ・ガウフ(アメリカ)が激突する。二人は今年3月の「WTA1000 マイアミ」を含めて2回対戦しており、いずれもシフィオンテクがストレートで勝利している。ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が打ち立てた2000年以降の最長連勝記録(35連勝)にあと1勝と迫るシフィオンテクがそのまま勝つのか、ガウフが止めるのか、注目だ。

その後、同コート最後の試合として、男子ダブルス決勝が行われる。第12シードのマルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)ペアと、ノーシードのイバン・ドディグ(クロアチア)/オースティン・クライチェク(アメリカ)ペアが優勝を懸けて争うことになった。40歳のロジェはオープン化以降、「全仏オープン」男子ダブルスで最年長のファイナリストだ。そのほかには、ジュニアでも男女そろってチャンピオンが決定する。

レジェンド部門では今日も、ガブリエラ・サバティーニ(アルゼンチン)やフラビア・ペンネッタ(イタリア)、マルコス・バグダティス(キプロス)、ゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)といった懐かしい選手たちのプレーを見ることができる。

WOWOWテニスワールドでは試合のスコア速報と、いくつかのコートの試合をライブ配信でお届けしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」での国枝とフェルナンデス(右より)
(Photo by Ryan Pierse/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 国枝、上地がシングルス&ダブルス決勝へ。シフィオンテクとガウフ、新女王となるのは?[全仏オープン]