ニュース News

柴原が混合ダブルス決勝進出!33連勝のシフィオンテクはベスト4[全仏オープン]

「全仏オープン」でのシフィオンテク

現地6月1日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)11日目、混合ダブルスの柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)が決勝進出を果たした。また、女子シングルスのベスト4が決定している。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えた。

第2シードとして出場している柴原とヴェスレイ・クールホフ(オランダ)のペアは、第3シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジョン・ピアース(オーストラリア)ペアに1度しかブレークを許さず、6-3、6-4のストレート勝ち。柴原にとって初のグランドスラム決勝へと駒を進めた。決勝では、ノーシードながらもこれまでに第4シードや第6シードのペアを破ってきたウルリカ・エイケリ(ノルウェー)/ヨラン・フリーゲン(ベルギー)ペアと対戦する。

車いすの部では、女子シングルス準々決勝で第2シードの上地結衣(日本/三井住友銀行)と世界7位の大谷桃子(日本/かんぽ生命)が対戦。これが初戦となった上地はタイブレークの末に第1セットを取ると、第2セットは落としたものの、7-6(5)、3-6、6-2で勝利している。

ジュニアの女子ダブルスでは、16歳でジュニア世界ランキング45位の石井さやか(日本)と15歳で同59位の木下晴結(日本)のペアが2回戦敗退。石井/木下ペアは、シングルスで第1シードのペトラ・マルシンコ(クロアチア)を下したNikola Bartunkova(チェコ)がCeline Naef(デンマーク)と組んだ第2シードにストレートで敗れた。

女子シングルスでは、第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)が第11シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)に6-3、6-2と、今大会4度目のストレート勝ち。相手に5回のブレークチャンスのうち1回しか許さなかったシフィオンテクは、試合内容に満足感を示した。

「ここでの最もソリッドな試合ができたと思うから、自分のパフォーマンスに満足しているわ。すべてにおいて集中して、ジェシカに反撃の機会を与えなかったわね」

試合前日の5月31日に21回目の誕生日を迎えていたシフィオンテクは、元世界女王のジュスティーヌ・エナン(ベルギー)を抜いて2000年以降では単独3位となる33連勝。「全仏オープン」では優勝した2020年大会以来となる準決勝で第20シードのダリア・カサキナ(ロシア)を迎え撃つ。第29シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)との同国対決に競り勝ったカサキナのこれまでのグランドスラム最高成績は、2018年に「全仏オープン」と「ウィンブルドン」で立て続けに記録したベスト8だった。

なお、ペグラはシングルスでは準々決勝敗退となったものの、同日行われた女子ダブルスで準決勝進出。ココ・ガウフ(アメリカ)とのペアでアンナ・ボンダール(ハンガリー)/グリート・ミネン(ベルギー)ペアをフルセットの末に破っている。

大会11日目、女子シングルスと女子ダブルス、混合ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【準々決戦】

〇イガ・シフィオンテク(ポーランド)[1] 6-3 6-2 ●ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[11]

●ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)[29] 4-6 6-7(5) 〇ダリア・カサキナ(ロシア)[20]

<女子ダブルス>
【準々決勝】

〇カロリーヌ・ガルシア(フランス)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス) 6-3 6-3 ●シュー・イーファン(中国)/ヤン・ザオシャン(中国)[13]

●アンナ・ボンダール(ハンガリー)/グリート・ミネン(ベルギー) 4-6 6-4 4-6 〇ココ・ガウフ(アメリカ)/ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[8]

<混合ダブルス>
【準決勝】

●ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジョン・ピアース(オーストラリア)[3] 3-6 4-6 〇柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)[2]

●ニコール・メリカ(アメリカ)/ケビン・クラウィーツ(ドイツ) 6-1 6-7(4) [7-10] 〇ウルリカ・エイケリ(ノルウェー)/ヨラン・フリーゲン(ベルギー)

<車いす 女子シングルス>
【準々決勝】

●大谷桃子(日本/かんぽ生命) 6-7(5) 6-3 2-6 〇上地結衣(日本/三井住友銀行)[2]

<ジュニア 女子シングルス>
【3回戦】

●ペトラ・マルシンコ(クロアチア)[1] 6-7(5) 5-7 〇Nikola Bartunkova(チェコ)[13]

<ジュニア 女子ダブルス>
【2回戦】

●木下晴結(日本)/石井さやか(日本) 2-6 1-6 〇Nikola Bartunkova(チェコ)/Celine Naef(デンマーク)[2]

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのシフィオンテク
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 柴原が混合ダブルス決勝進出!33連勝のシフィオンテクはベスト4[全仏オープン]