ニュース News

混合ダブルスの柴原が準決勝進出。シフィオンテクはエナンに並ぶ32連勝[全仏オープン]

「全仏オープン」での柴原

現地30日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)9日目、混合ダブルスの柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)がベスト4へ進出した。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)と組んで第2シードとして出場している柴原は、ノーシードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)/マシュー・エブデン(オーストラリア)ペアに6-3、6-4のストレート勝ち。今年の「全豪オープン」でのベスト8を超えてグランドスラム最高成績を記録した。初の決勝行きを懸けて、第3シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジョン・ピアース(オーストラリア)ペア対ルーシー・ラデッカ(チェコ)/ゴンサロ・エスコバル(エクアドル)ペアの勝者と対戦する。

女子ジュニアではこの日、シングルス1回戦に15歳でジュニア世界ランキング34位の齋藤咲良(日本)が登場したものの、16歳の同74位Aya El Aouni(モロッコ)に6-4、2-6、2-6の逆転負け。前日に敗れていた同45位の石井さやか(日本)、同59位の木下晴結(日本)と合わせて、日本勢3人とも1回戦敗退を喫している。さらに、2つ上の姉リンダ・フルビルトバ(チェコ)とともに注目される15歳の同4位ブレンダ・フルビルトバ(チェコ)も逆転負けで2回戦進出を逃した。そして石井はこの日ダブルスに出場したが、黒星に終わっている。

女子シングルスでは、世界トップ10選手のうち唯一勝ち残っている第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)が19歳の世界74位ジャン・チェンウェン(中国)と対戦。5つのセットポイントを決められず、タイブレークの末に第1セットを奪われ、10試合ぶりにセットを落とすことになった。しかし第2セット途中でジャンが足を痛めたこともあり、シフィオンテクはそこから盛り返して6-7(5)、6-0、6-2で勝利。連勝を32とし、2000年以降では3番目に長い元世界女王ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)の連勝記録に並んでいる。

シフィオンテクが準々決勝で当たるのは、第11シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)。そして準々決勝の残る1カードは、第20シードのダリア・カサキナ(ロシア)と第29シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)による同国対決となった。カサキナとクデルメトワはともに25歳でジュニア時代から対戦しており、昨年の「ビリー・ジーン・キング・カップ」ではチームメイトだった。カサキナはそんな幼なじみとグランドスラムの準々決勝で対戦することは「新たな思い出になる」と話している。

大会9日目、女子シングルスと女子ダブルス、混合ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【4回戦】

〇イガ・シフィオンテク(ポーランド)[1] 6-7(5) 6-0 6-2 ●ジャン・チェンウェン(中国)

〇ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[11] 4-6 6-2 6-3 ●イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)

〇ダリア・カサキナ(ロシア)[20] 6-2 6-2 ●カミラ・ジョルジ(イタリア)[28]

〇ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)[29] 1-6 6-3 6-1 ●マディソン・キーズ(アメリカ)[22]

<女子ダブルス>
【3回戦】

〇シュー・イーファン(中国)/ヤン・ザオシャン(中国)[13] 6-4 2-6 6-3 ●ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)/エリース・メルテンス(ベルギー)[2]

〇アンナ・ボンダール(ハンガリー)/グリート・ミネン(ベルギー) 6-7(4) 7-5 7-5 ●アリシア・ロソルスカ(ポーランド)/エリン・ロウトリフ(ニュージーランド)

<混合ダブルス>
【準々決勝】

●サマンサ・ストーサー(オーストラリア)/マシュー・エブデン(オーストラリア) 3-6 4-6 〇柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)[2]

●デズレイ・クラブチェク(アメリカ)/ニール・スクプスキー(イギリス)[4] 6-2 6-7(4) [8-10] 〇ウルリカ・エイケリ(ノルウェー)/ヨラン・フリーゲン(ベルギー)

●ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル) 4-6 7-6(2) [10-12] 〇ニコール・メリカ(アメリカ)/ケビン・クラウィーツ(ドイツ)

<女子ジュニア シングルス>
【1回戦】

●齋藤咲良(日本) 6-4 2-6 2-6 〇Aya El Aouni(モロッコ)

●ブレンダ・フルビルトバ(チェコ)[4] 7-5 3-6 4-6 〇Solana Sierra(アルゼンチン)

【2回戦】
〇ペトラ・マルシンコ(クロアチア)[1] 6-2 6-4 ●Angella Okutoyi(ケニア)

<女子ジュニア ダブルス>
【1回戦】

〇Luciana Moyano(アルゼンチン)/Lucciana Perez Alarcon(ペルー) 7-5 6-2 ●Denislava Glushkova(ブルガリア)/石井さやか(日本)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」での柴原
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 混合ダブルスの柴原が準決勝進出。シフィオンテクはエナンに並ぶ32連勝[全仏オープン]