ニュース News

ジョコビッチとナダルが準々決勝で対戦へ。アルカラス、ズベレフもベスト8進出[全仏オープン]

「全仏オープン」でのジョコビッチ

現地29日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)8日目、男子シングルスではノバク・ジョコビッチ(セルビア)とラファエル・ナダル(スペイン)が今季初めて対戦することが決まった。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

第1シードのジョコビッチは4回戦で第15シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が得た8回のブレークチャンスのうち7回をしのぎ、6-1、6-3、6-3の快勝。「全仏オープン」での通算100試合目で85勝を手にしている。

一方、第5シードのナダルは、第9シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)に苦戦。自身の元コーチである叔父トニ・ナダルが現在オジェ アリアシムを指導していることもあってか、今大会初めてセットを落としてしまったが、4時間半近く続いたフルセットの末に勝利している。ナダルが「全仏オープン」でフルセットを戦ったのは112試合中わずか3回だ。

ジョコビッチとナダルが激突するのは通算59回目、今季では初めてとなる。ナダルは前回大会の準決勝で敗れて以来となるジョコビッチとの対戦について「僕たちはお互いを知り尽くしている。彼はローマ大会で優勝しているのに対し、僕は決して理想的ではない状態で今大会に臨んでいる。とはいえ、ここはローランギャロスで、僕の最も好きな大会だ。僕に言えることは、集中し、最善を尽くすよう努力するということだよ。最後まで戦い抜くつもりだ」と述べている。

そしてもう一つの準々決勝は、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第6シードのカルロス・アルカラス(スペイン)に決定。ズベレフは予選勝者の世界131位ベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン)を、アルカラスは第21シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)をいずれもストレートで破った。アルカラスは昨年の「全仏オープン」では3回戦どまりだったが、同年の「全米オープン」に続いてグランドスラムで2度目のベスト8進出を果たしている。ズベレフとアルカラスは過去に3度対戦しており、今月上旬の「ATP1000 マドリード」決勝ではアルカラスが勝利したが、通算成績はズベレフの2勝1敗だ。

一方の男子ダブルスでは、今季すでに4大会で優勝している第6シードのヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)ペア、そして第4シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)ペアなどがベスト8進出。第7シードのティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)ペアは、シーズン3つ目のタイトルを狙う第12シードのマルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)ペアにフルセットの末に敗れている。

この日から始まった男子ジュニアでは、今年の「全豪オープン」を制した第1シードの世界1位Bruno Kuzuhara(アメリカ)をはじめ、上位シード勢の多くが2回戦へ勝ち進んだ。

大会8日目の男子シングルス、男子ダブルス、男子ジュニアの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子シングルス>
【4回戦】

〇ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-1 6-3 6-3 ●ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[15]

〇アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[3] 7-6(11) 7-5 6-3 ●ベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン)

●フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)[9] 6-3 3-6 2-6 6-3 3-6 〇ラファエル・ナダル(スペイン)[5]

●カレン・ハチャノフ(ロシア)[21] 1-6 4-6 4-6 〇カルロス・アルカラス(スペイン)[6]

<男子ダブルス>
【3回戦】

〇マルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)[4] 6-1 6-1 ●ジョニー・オマラ(イギリス)/ジャクソン・ウィズロー(アメリカ)

●マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)/トミー・ポール(アメリカ) 3-6 2-6 〇ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)[6]

●ティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)[7] 4-6 6-2 1-6 〇マルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)[12]

<男子ジュニア シングルス>
【1回戦】

〇Bruno Kuzuhara(アメリカ)[1] 6-1 6-3 ●Togan Tokac(トルコ)

●Paul Inchauspe(フランス) 2-6 7-6(5) 1-6 〇アドルフォ・ダニエル バレホ(パラグアイ)[2]

●Cooper Williams(アメリカ) 3-6 6-3 5-7 〇Jakub Mensik(チェコ)[3]

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジョコビッチとナダルが準々決勝で対戦へ。アルカラス、ズベレフもベスト8進出[全仏オープン]