ニュース News

フェルナンデス、ガウフらが準々決勝進出!女子ダブルスの柴原、土居はベスト8ならず[全仏オープン]

「全仏オープン」でのフェルナンデス

現地29日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)8日目、女子シングルス4回戦が行われ、ベスト8の半分が決定。女子ダブルスでは柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)、土居美咲(日本/ミキハウス)のペアが3回戦敗退となった。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

女子ダブルスに出場した5組の日本勢の中で柴原、土居の2組が3回戦に進んでいたが、いずれもベスト8進出は逃すことに。エイジア・ムハメッド(アメリカ)とともに第9シードとして臨んでいた柴原は、マディソン・キーズ(アメリカ)/テイラー・タウンゼント(アメリカ)ペアにストレート負け。アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)と組んでいた土居は、カロリーヌ・ガルシア(フランス)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)ペアから第1セットを取ったものの逆転負けを喫している。

また、この日からジュニアがスタート。女子では、16歳でジュニア世界ランキング45位の石井さやか(日本)、15歳で同59位の木下晴結(日本)が登場したが、いずれも1回戦負けとなった。

一方の女子シングルスでは何人もの若手選手たちが勝ち残っている中、19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)と20歳のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)が対戦。第17シードのフェルナンデスは試合が進むごとにファーストサーブの確率が上がり、その確率が86%となった最終セットでは第2ゲームでの0-40というピンチをしのいでフルセットの末に勝利、ベスト8入りを果たした。

昨年の「全米オープン」で準優勝したフェルナンデスだが、「全仏オープン」ではこれまで3回戦進出が最高成績だった。そんなこともあってか、今でも自分の評価は低いと考えてしまうようだ。「今でもコートに立つたびに、自分の能力を証明しなければならないと感じてしまうの。負け犬気分が抜けないのよ。私はまだ若いから、人々が楽しんでくれるようなプレーを披露するために努力しなければならないと考えているの」

そんなフェルナンデスは準々決勝で世界59位のマルチナ・トレビザン(イタリア)と対戦する。28歳のトレビザンは「全仏オープン」で2年ぶりのベスト8。大会前の「WTA250 ラバト」で優勝しており、今回世界47位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)を下したことで連勝を9に伸ばしている。

また、18歳のココ・ガウフ(アメリカ)が2年連続のベスト8進出。第31シードのエリース・メルテンス(ベルギー)を相手に第1セット終盤から8ゲームを連取し、6-4、6-0で勝利した。

「試合を経るごとに調子が上がっているの。このコートは自分のテニスにすごく合っているから、自信を持ってプレーできているわ。今季は何度かきつい負けを経験したけど、そうしたところから学んだことが今の調子の良さにつながっていると思う」

ガウフが初の準決勝入りをかけて戦うのは、同国の先輩であるスローン・スティーブンス(アメリカ)。元全米女王のスティーブンスは第23シードのジル・タイヒマン(スイス)になんと12ゲーム連取と、ガウフ以上の勢いを見せて快勝している。

昨年の「全米オープン」で対戦した時には、スティーブンスに4-6、2-6で敗れていたガウフ。「あの時は、とても緊張していたの。センターコートでの同国対決だったし、なんといっても相手がスローンだったから。今度は一つの試合と捉えるつもりよ」と語っているが、その時の失敗から学ぶことができるだろうか。

大会8日目、女子シングルスと女子ダブルス、混合ダブルス、女子ジュニアの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【4回戦】

〇レイラ・フェルナンデス(カナダ)[17] 6-3 4-6 6-3 ●アマンダ・アニシモワ(アメリカ)[27]

●エリース・メルテンス(ベルギー)[31] 4-6 0-6 〇ココ・ガウフ(アメリカ)[18]

●ジル・タイヒマン(スイス)[23] 2-6 0-6 〇スローン・スティーブンス(アメリカ)

〇マルチナ・トレビザン(イタリア) 7-6(10) 7-5 ●アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)

<女子ダブルス>
【3回戦】

●エイジア・ムハメッド(アメリカ)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)[9] 6-7(10) 2-6 〇マディソン・キーズ(アメリカ)/テイラー・タウンゼント(アメリカ)

●土居美咲(日本/ミキハウス)/アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア) 7-5 4-6 2-6 〇カロリーヌ・ガルシア(フランス)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)

〇リューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[14] 6-4 4-6 7-5 ●ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジュリアナ・オルモス(メキシコ)[3]

●キャサリン・マクナリー(アメリカ)/ジャン・シューアイ(中国)[4] 6-4 3-6 4-6 〇マルタ・コスチュク(ウクライナ)/エレナ ガブリエラ・ルース(ルーマニア)

<混合ダブルス>
【2回戦】

〇デズレイ・クラブチェク(アメリカ)/ニール・スクプスキー(イギリス)[4] 4-6 6-3 [10-8] ●ストーム・サンダース(オーストラリア)/サンダー・ジレ(ベルギー)

●アンドレア・クレパチ(スロベニア)/ロハン・ボパンナ(インド)[5] 6-7(2) 4-6 〇ルーシー・ラデッカ(チェコ)/ゴンサロ・エスコバル(エクアドル)

<女子ジュニア シングルス>
【1回戦】

〇ペトラ・マルシンコ(クロアチア)[1] 6-1 6-4 ●Kayla Cross(カナダ)

〇Nikola Daubnerova(スロバキア)[12] 6-4 7-5 ●石井さやか(日本)

〇Joelle Lilly Sophie Steur(ドイツ) 6-2 1-6 6-1 ●木下晴結(日本)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのフェルナンデス
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. フェルナンデス、ガウフらが準々決勝進出!女子ダブルスの柴原、土居はベスト8ならず[全仏オープン]