ニュース News

「今大会最高のプレーができた」ナダル、4回戦で叔父トニの教え子と対戦へ[全仏オープン]

「全仏オープン」でのナダル

現地27日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)6日目、男子シングルスでは第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)が3回戦に勝利し、続く4回戦で元コーチの教え子と対戦することになった。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

2年ぶり14回目の優勝を目指すナダルは、第26シードのボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)に6-3、6-2、6-4の快勝。第1セット途中から第2セットにかけてのサービスゲームで23ポイントを連取するなど、相手を圧倒した。

本人も手ごたえを感じており、「今日はとてもいいテストになった。今大会最高のプレーができたからね。第3セットの後半を除けば、とてもポジティブなレベルを示すことができた」と話している。

ナダルはここまでの3試合すべてストレート勝ちで、相手に許したゲームは20にとどまる。「全仏オープン」での通算成績は108勝3敗(勝率97%)で、そのうち82%に当たる88勝がストレート勝利。2008年・2010年・2017年・2020年大会で1セットも落とすことなくトロフィーを掲げたが、その再現を果たせるか。

ナダルの4回戦の相手は、第9シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)。二人は過去に1度対戦したことがあるが、ナダルを長年指導した叔父トニ・ナダルをオジェ アリアシムがチームに招いてから顔を合わせるのは初めてだ。

「試合の後でトニとはもう話したよ。僕にとってはとてもシンプルな話だ。彼は僕の叔父であり、僕に負けてほしいとは思っていないだろう。とはいえ、彼はプロフェッショナルで今は別の選手を指導している。(対戦当日に)彼が(オジェ アリアシムの)プレイヤーズボックスにいるかどうかはわからないけど、僕としてはどちらでも構わない。まったく問題ないよ」

対するオジェ アリアシムも冷静に捉えている。「トニがラファのプレーについて新情報を教えてくれるとは思わない。彼と組んだ当初から、いずれはラファと対戦するだろうと思っていたよ。トニは中立的な立場で試合を楽しむだろうね。僕としてはこれまでの試合と同じように、いいプレーをするだけだ。もちろん、とても難しい試合になるだろうけどね」

第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、世界195位のアリヤズ・ベデネ(スロベニア)にストレート勝利。続く4回戦で第15シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を下せば、準々決勝でナダルかオジェ アリアシムと対戦することになる。

2回戦で4時間半を超える熱戦を制していた第6シードのカルロス・アルカラス(スペイン)は、続く3回戦で第27シードのセバスチャン・コルダ(アメリカ)にストレート勝ち。アルカラスは4月の「ATP1000 モンテカルロ」でコルダに敗れていたため、今季クレーコートで唯一の敗戦を喫した相手にリベンジを果たした形だ。アルカラスの次の相手は、第10シードのキャメロン・ノリー(イギリス)を破った第21シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に決まっている。

第23シードのジョン・イズナー(アメリカ)は、2回戦で第13シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)を破った予選勝者の世界131位ベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン)とのフルセットの末に敗れた。25歳のミラージェスはこれが2度目のグランドスラム本戦出場で、昨年の「全仏オープン」では1回戦敗退を喫していた。4回戦では第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

一方の男子ダブルスでは、大会序盤に歴代チャンピオンたちが消えてしまったものの、この日は多くのシード選手が順当に勝ち進んでいる。そんな中、第10シードのジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)ペアは、タイブレークの末に第1セットを落としたのが響き、マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)/トミー・ポール(アメリカ)ペアに敗れた。また、ノーシードではあるものの、今年の「全豪オープン」を制したタナシ・コキナキス(オーストラリア)と、前回大会で準優勝したアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)という実力者のコンビも3回戦へと駒を進めている。

大会6日目の男子シングルス、男子ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子シングルス>
【3回戦】

〇ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-2 6-3 7-6(4) ●アリヤズ・ベデネ(スロベニア)

〇アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[3] 7-6(2) 6-3 7-6(5) ●ブランドン・ナカシマ(アメリカ)

●ボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)[26] 3-6 2-6 4-6 〇ラファエル・ナダル(スペイン)[5]

●セバスチャン・コルダ(アメリカ)[27] 4-6 4-6 2-6 〇カルロス・アルカラス(スペイン)[6]

〇フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)[9] 7-6(3) 7-6(2) 7-5 ●フィリップ・クライノビッチ(セルビア)

●キャメロン・ノリー(イギリス)[10] 2-6 5-7 7-5 4-6 〇カレン・ハチャノフ(ロシア)[21]

●グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[18] 3-6 1-6 2-6 〇ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[15]

●ジョン・イズナー(アメリカ)[23] 4-6 6-3 4-6 7-6(5) 3-6 〇ベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン)

<男子ダブルス>
【2回戦】

〇ラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)[1] 6-3 7-6(5) ●ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)/ニコラス・モンロー(アメリカ)

〇マルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)[4] 6-2 5-7 6-0 ●アドリアン・マナリノ(フランス)/アルバーノ・オリベッティ(フランス)

〇ティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)[7] 6-4 6-4 ●バンジャマン・ボンジ(フランス)/アルトゥール・リンデルネック(フランス)

●ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)[10] 6-7(7) 6-4 3-6 〇マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)/トミー・ポール(アメリカ)

●マートン・フチョビッチ(ハンガリー)/フランシス・ティアフォー(アメリカ) 4-6 3-6 〇アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)/タナシ・コキナキス(オーストラリア)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのナダル
(Photo by Antonio Borga/Eurasia Sport Images/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 「今大会最高のプレーができた」ナダル、4回戦で叔父トニの教え子と対戦へ[全仏オープン]