ニュース News

データで見るナダルの「全仏オープン」での強さ

2020年「全仏オープン」で13回目の優勝を果たしたナダル

「全仏オープン」で元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)が誇る圧倒的な強さについて、詳細なデータを分析した結果をATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが紹介している。

ナダルは第5シードして出場する今年の「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)までに、初出場でいきなり優勝を果たした2005年の大会から数えて、66.39%のゲーム獲得率を記録しており、これは3回に2回の割合ということになる。ほかの選手の記録と比較しながら、「全仏オープン」でのその圧倒的な強さを詳しく見てみよう。データは1991年から2022年までの間に「全仏オープン」で最低5試合に出場している全選手を対象としている。

1.勝ち取ったゲーム数
「全仏オープン」でプレーしたゲームの3分の2を制しているナダルは、2位に位置するノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6%の差をつけていることがその強さを物語っている。最も多くのゲームを獲得しているトップ3のもう一人には、1993年・1994年に連覇を果たすなどの好成績を収めたセルジ・ブルゲラ(スペイン)が名を連ねた。
1位 ナダル…66.39%(3091ゲーム中2052ゲーム)
2位 ジョコビッチ…60.06%(3067ゲーム中1842ゲーム)
3位 ブルゲラ…59.28%(1061ゲーム中629ゲーム)

ほか3つのグランドスラムで最も高いゲーム獲得率を記録する選手たち、アンドレ・アガシ(アメリカ)やロジャー・フェデラー(スイス)と比べても、ナダルがトップに立っていることには変わりない。
●全豪オープン:アガシ…63.01%
●全仏オープン:ナダル…66.39%
●ウィンブルドン:フェデラー…59.66%
●全米オープン:フェデラー…60.19%

2.セットごとの獲得ゲーム数
多くのテニスファンは、ナダルがセンターコートで試合を終わらせる時によりプレーの質が高まると感じているようだが、その感覚は正確な数字によって裏づけられる。ナダルは第1セットと第2セットよりも第3セットで獲得しているゲーム数の割合が高いのだ。
●第1セット:66.01%
●第2セット:65.80%
●第3セット:68.18%

3.試合時間
ナダルは「全仏オープン」のコート上で1万5547分(259時間相当)にわたってパリの観衆を楽しませてきた。これは、アガシ(5433分)とジョン・イズナー(5116分)、ジム・クーリエ(4192分)というアメリカ人選手トップ3の合計よりも多い。

1991年以降の「全仏オープン」で、ナダル以外に1万分(167時間相当)以上コートに立っていたのはジョコビッチ(1万4302分≒238時間)とフェデラー(1万2203分≒203時間)の二人だけだ。

4.セット獲得数
パリでのセット獲得数を分析すると、ナダルの強さはひと際目立つ。これまでに345セットでプレーしているナダルはそのうち314セットを獲得し、2位以下に大差をつけている。トップ3は以下の通り。
1位 ナダル…91.01%(345セット中314セット)
2位 ジョコビッチ…76.83%(328セット中252セット)
3位 ブルゲラ…73.50%(117セット中86セット)

5.獲得ポイント数の割合
1991年以降の「全仏オープン」で失ったポイントよりも獲得したポイントの方が多い選手は187人。2003年に準優勝を果たしたマルティン・フェルケレック(オランダ)は3回しか「全仏オープン」に出場していないが、このカテゴリーではナダルをやや上回りトップに立つ。トップ3は以下の通り。
1位 フェルケレック…58.69%(11試合)
2位 ナダル…57.56%(108試合)
3位 ブルゲラ…54.93%(34試合)

6.ダブルフォルト
「全仏オープン」でのダブルフォルトの全体平均は、4.7回のサービスゲームあたりで1回となる。ナダルはそれを大きく上回り、8.3回あたりで1回。ビッグ3の残る二人もほぼ同じで、フェデラーは8.3回に1回、ジョコビッチは7.7回に1回となる。

7.セカンドサーブのポイント取得率
ナダルのセカンドサーブはパリのクレーにおいて圧倒的な強さを発揮し、セカンドサーブのポイント取得率はツアートップの58.90%。ほかの全選手の平均は49.42%と、ナダルとは比較にならない。「全仏オープン」でセカンドサーブのポイント取得率が50%を超える選手は144人にとどまる中、トップ3は以下の通り。このカテゴリーでは、2011年の男子ダブルスで準優勝となったエドゥアルド・シュワンク(アルゼンチン)が名を連ねた。
1位 ナダル…58.90%(2905回中1711回)
2位 シュワンク…58.79%(313回中184回)
3位 フェデラー…56.34%(3381回中1905回)

「全仏オープン」14個目のタイトルを狙うナダルは、3回戦で第26シードのボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)と対戦する。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年「全仏オープン」で13回目の優勝を果たしたナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. データで見るナダルの「全仏オープン」での強さ