ニュース News

女子ダブルスで柴原、加藤、土居が2回戦進出!ハレプらが敗れる[全仏オープン]

「全豪オープン」での柴原

現地26日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)5日目、女子ダブルス1回戦に5組の日本人が出場し、そのうち3組が2回戦へと勝ち進んでいる。一方、女子シングルスではまたもやサプライズが起きた。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えた。

女子ダブルスで2回戦進出を果たしたのは、第9シードのエイジア・ムハメッド(アメリカ)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアと、ノーシードの加藤未唯(日本/ザイマックス)/Aldila Sutjiadi(インドネシア)ペアと土居美咲(日本/ミキハウス)/アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)ペア。「WTA1000 インディアンウェルズ」で準優勝したムハメッド/柴原ペアがストレート勝ちした一方、残り2組は第1セットを奪われながらも逆転勝利。そんな中、第11シードの青山修子(日本/近藤乳業)/チャン・ハオチン(台湾)ペア、穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/二宮真琴(日本/エディオン)ペアの2組は残念ながら1回戦敗退となった。

なお、柴原はその後、混合ダブルスでもプレー。ダブルス世界11位のヴェスレイ・クールホフ(オランダ)とのペアで第2シードとして出場し、10ポイントのマッチタイブレークを制してこの日2勝目を手にした。混合ダブルスにはマクラクラン勉(日本/イカイ)も参戦しており、チャンとコンビを組んで、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場するクロエ・パケ(フランス)/ブノワ・ペール(フランス)ペアを下した。

一方の女子シングルスでは、トップ10選手がまたも消えることに。第8シードで世界8位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を破ったのは、なんとこれが初のグランドスラムとなる世界227位のレオリア・ジャンジャン(フランス)。現在26歳のジャンジャンは大学へ行ったり怪我に苦しんでいた影響で2021年からプロとして本格的に歩み出したため、これまでツアー本戦に出場したことすらなかったが、この度ワイルドカードを与えられていた。「勝てると思っていなかった」というジャンジャンだが、プリスコバに対してミスの少ない安定感あるプレーを披露し、相手が得た2回のブレークチャンスをしのいで6-2、6-2の快勝。ここ34年間の「全仏オープン」においてトップ10選手を破った最もランキングの低い選手という称号を手にした。

そのほかには、2018年大会のチャンピオンである第19シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が逆転負け。今年の「全豪オープン」に続いてこれが2回目のグランドスラム出場となる19歳の世界74位ジャン・チェンウェン(中国)から第1セットを先取したものの、第2・第3セットでは1回しかブレークできずに敗れた。

歴代チャンピオンが次々と大会を去っていく中、2020年大会を制したイガ・シフィオンテク(ポーランド)の勢いが止まらない。世界43位のアリソン・リスク(アメリカ)を寄せつけず、第1セットをわずか20分で取ると、1回戦に続いて相手に2ゲームしか与えなかった。試合に非常に集中していたようで、第2セットの第1ゲームが終わった時にはベンチに座って休憩することができるタイミングだと勘違いしてしまい、主審に指摘されて慌てて立ち上がる姿も見られた。シフィオンテクは連勝を30に伸ばしている。

また、世界63位のイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)が第30シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)との試合中、苛立ちから下へ向けてラケットを投げると、それが大きく跳ね返ってスタンドに入り、ラケットが顔をかすった子どもが涙を流すという出来事があった。幸い、この子どもに怪我はなかったため、ベグはコードバイオレーションを科されたものの、失格になることなくプレーを続け、逆転勝利を飾っている。

大会5日目、女子シングルスと女子ダブルス、混合ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【2回戦】

〇イガ・シフィオンテク(ポーランド)[1] 6-0 6-2 ●アリソン・リスク(アメリカ)

〇パウラ・バドーサ(スペイン)[3] 7-5 3-6 6-2 ●カーヤ・ユバン(スロベニア)

●マディソン・ブレングル(アメリカ) 1-6 3-6 〇アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)[7]

〇レオリア・ジャンジャン(フランス) 6-2 6-2 ●カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[8]

●ダニエル・コリンズ(アメリカ)[9] 4-6 3-6 〇シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)

〇ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[11] 6-1 5-7 6-4 ●アンへリーナ・カリニーナ(ウクライナ)

〇アリゼ・コルネ(フランス) 6-0 1-6 6-3 ●エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[13]

●ケイティ・ボリネッツ(アメリカ) 4-6 0-6 〇エレナ・リバキナ(カザフスタン)[16]

●シモナ・ハレプ(ルーマニア)[19] 6-2 2-6 1-6 〇ジャン・チェンウェン(中国)

●フェルナンダ・コントレラス ゴメス(メキシコ) 0-6 3-6 〇ダリア・カサキナ(ロシア)[20]

〇マディソン・キーズ(アメリカ)[22] 6-4 7-6(3) ●カロリーヌ・ガルシア(フランス)

〇カミラ・ジョルジ(イタリア)[28] 6-3 7-5 ●ユリア・プティンセバ(カザフスタン)

●アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア) 3-6 3-6 〇ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)[29]

●エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)[30] 7-6(3) 3-6 4-6 〇イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)

<女子ダブルス>
【1回戦】

〇エイジア・ムハメッド(アメリカ)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)[9] 6-2 6-1 ●エルザ・ジャクモ(フランス)/セレナ・ヤニチェビッチ(フランス)

〇イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)/マリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア) 6-3 7-5 ●青山修子(日本/近藤乳業)/チャン・ハオチン(台湾)[11]

●穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/二宮真琴(日本/エディオン) 6-4 4-6 4-6 〇アンナ・ダニリナ(カザフスタン)/ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)[12]

〇加藤未唯(日本/ザイマックス)/Aldila Sutjiadi(インドネシア) 7-6(2) 2-6 6-2 ●テレザ・マルティンコバ(チェコ)/アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)

〇土居美咲(日本/ミキハウス)/アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア) 6-4 4-6 6-0 ●ビビアン・ハイゼン(ドイツ)/パナ・ウッドバーディ(ハンガリー)

●アンナ・ブリンコワ(ロシア)/アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ) 2-6 3-6 〇ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジュリアナ・オルモス(メキシコ)[3]

<混合ダブルス>
【1回戦】

●アレクサ・グラーチ(チリ)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ) 6-3 4-6 [6-10] 〇柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)[2]

●クロエ・パケ(フランス)/ブノワ・ペール(フランス) 3-6 3-6 〇チャン・ハオチン(台湾)/マクラクラン勉(日本/イカイ)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での柴原
(Photo by Mackenzie Sweetnam/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 女子ダブルスで柴原、加藤、土居が2回戦進出!ハレプらが敗れる[全仏オープン]