ニュース News

ナダルがGS通算300勝!ズベレフ、アルカラスは辛勝[全仏オープン]

「全仏オープン」でのナダル

現地25日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)4日目、男子シングルス2回戦では第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)がグランドスラム通算300勝を達成した。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

グランドスラム最多優勝記録(21回)を保持するナダルは、同じく左打ちの世界ランキング139位コランタン・ムーテ(フランス)に6-3、6-1、6-4で勝利。これにより、369勝のロジャー・フェデラー(スイス)、324勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に続いて、史上3人目のグランドスラム300勝到達を果たした。また、ナダルは世界82位のジョーダン・トンプソン(オーストラリア)と対戦した1回戦で大会最多優勝(13回)を誇る「全仏オープン」での106勝目をあげ、「ウィンブルドン」通算105勝のフェデラーを抜いて、一つのグランドスラムで最も多くの勝利をあげた選手という称号も手にしている。

「3セット戦い抜くことができて嬉しい。これで次の対戦に向けて準備する機会が得られたわけだからね。今夜いろんなことができたことに満足しているよ。明日はもっと良くなるよう努力し続けるだけだ。(第1セットで)3-0とした後、すごく悪いプレーをしてしまったのでそこから盛り返さなければならなかった。サービング・フォー・ザ・マッチでもいくつかミスをしてしまったね。それでも試合を終えることができて良かった」

第1シードのジョコビッチは、20回のグランドスラム優勝に貢献してくれた元コーチ、マリアン・バイダ(スロバキア)が現在指導する世界38位のアレックス・モルチャン(スロバキア)と対戦。第3セットでは互いに譲らずタイブレークに突入したが、そこでジョコビッチが勝負強さを発揮し、6-2、6-3、7-6(4)のストレートで勝利した。

ナダルとジョコビッチが3セットで試合を終える中、一部のシード選手はフルセットの試合を強いられることに。第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第15シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)はそれぞれ世界36位のセバスチャン・バエス(アルゼンチン)、世界87位のジャウメ・ムナール(スペイン)相手に最初の2セットを落とすという苦しい出だしとなったが、そこから反撃して大逆転勝利を収めた。最終セットの第10ゲームで相手にマッチポイントを握られながらも耐えたズベレフは、これで「全仏オープン」のフルセットで8勝1敗としている。

逆転できた理由を問われたズベレフは、「どうにかして勝つ方法を見つけなければならない。メンタルが強い偉大な選手たち、ロジャーやラファ、ノバクは最も難しい時にいつも突破口を見つけ出す。だからこそ彼らは偉大なんだ。僕は決して彼らのレベルに達することはできないだろうけど、少しでも近づこうとしているよ。それこそが大事なんだ」と返している。

優勝候補の一人と見られている第6シードのカルロス・アルカラス(スペイン)も、世界44位のアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)に苦戦。第1セットを6-1で取った後、続く2セットを僅差で落としてしまう。しかし第4セットで相手のマッチポイントをしのぎ、最終セットでは0-3のビハインドとなりながらも果敢に攻めて勝利をもぎ取った。4時間34分の熱闘を終えたアルカラスは「疲れたよ」と笑顔で話している。

この日唯一敗れたシード選手は第13シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)。予選勝者の世界131位ベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン)に負けたフリッツは、今大会前の1ヶ月間、左足の怪我により離脱していたため、十分に練習できなかったという。

男子ダブルスでは、昨年を含めて「全仏オープン」を2度制している第3シードのピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)ペアがまさかの初戦敗退。さらに、2019年・2020年に連覇を果たした第9シードのケビン・クラウィーツ(ドイツ)/アンドレアス・ミース(ドイツ)ペアも2回戦進出を逃した。また、今年の「全豪オープン」準優勝ペア、第14シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)/マックス・パーセル(オーストラリア)ペアも1回戦で消えた一方、同大会でニック・キリオス(オーストラリア)とともに栄冠を手にしたタナシ・コキナキス(オーストラリア)は、前回大会で準優勝のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)と組んで2回戦へと駒を進めている。

大会4日目の男子シングルス、男子ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子シングルス>
【2回戦】

〇ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-2 6-3 7-6(4) ●アレックス・モルチャン(スロバキア)

〇アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[3] 2-6 4-6 6-1 6-2 7-5 ●セバスチャン・バエス(アルゼンチン)

●コランタン・ムーテ(フランス) 3-6 1-6 4-6 〇ラファエル・ナダル(スペイン)[5]

●アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン) 1-6 7-6(7) 7-5 6-7(2) 4-6 〇カルロス・アルカラス(スペイン)[6]

〇フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)[9] 6-0 6-3 6-4 ●カミロ・ウーゴ カラベリ(アルゼンチン)

〇キャメロン・ノリー(イギリス)[10] 6-3 6-4 6-3 ●ジェイソン・クブラー(オーストラリア)

〇ベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン) 3-6 6-2 6-2 6-3 ●テイラー・フリッツ(アメリカ)[13]

●ジャウメ・ムナール(スペイン) 6-2 7-6(3) 2-6 2-6 2-6 〇ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[15]

〇グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[18] 6-0 6-4 6-3 ●ボルナ・チョリッチ(クロアチア)

●ウーゴ・デリエン(ボリビア) 6-4 4-6 6-7(1) 3-6 〇カレン・ハチャノフ(ロシア)[21]

〇ジョン・イズナー(アメリカ)[23] 6-4 6-4 3-6 7-6(5) ●グレゴワール・バレール(フランス)

〇ボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)[26] 6-4 7-6(2) 3-2(RET) ●ファビオ・フォニーニ(イタリア)

〇セバスチャン・コルダ(アメリカ)[27] 7-6(5) 6-3 6-3 ●リシャール・ガスケ(フランス)

<男子ダブルス>
【1回戦】

〇ラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)[1] 6-3 6-2 ●マルコス・ギロン(アメリカ)/クォン・スンウ(韓国)

〇サンダー・ジレ(ベルギー)/ヨラン・フリーゲン(ベルギー) 6-4 6-7(5) 6-3 ●ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)[3]

〇マルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)[4] 7-5 6-2 ●ユーゴ・アンベール(フランス)/コンスタン・レスティエンヌ(フランス)

〇ティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)[7] 6-2 6-4 ●ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)/イリヤ・イバシカ(ベラルーシ)

〇ロイド・グラスプール(イギリス)/ハリ・ヘリオバーラ(フィンランド) 6-4 6-2 ●ケビン・クラウィーツ(ドイツ)/アンドレアス・ミース(ドイツ)[9]

〇ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)[10] 6-1 6-2 ●ジョナサン・エルリック(イスラエル)/ロイド・ハリス(南アフリカ)

〇ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)/アンドレア・ババッソーリ(イタリア) 7-5 7-6(6) ●マシュー・エブデン(オーストラリア)/マックス・パーセル(オーストラリア)[14]

〇アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)/タナシ・コキナキス(オーストラリア) 7-5 7-6(5) ●ナサニエル・ラモンズ(アメリカ)/カミル・マイクシャク(ポーランド)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのナダル
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダルがGS通算300勝!ズベレフ、アルカラスは辛勝[全仏オープン]