ニュース News

【速報】大坂が第1セットを落とす。世界28位アニシモワとの全仏OP1回戦

「全仏オープン」での大坂

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)2日目となる5月23日、女子シングルス1回戦で世界ランキング38位の大坂なおみ(日本/フリー)と第27シードで世界28位のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)が対戦。大坂が第1セットを5-7で落とした。

大坂の「全仏オープン」出場は6回目。「全米オープン」と「全豪オープン」で2度ずつ優勝している大坂だが、クレーは得意ではなく、「全仏オープン」では3回戦進出が最高成績。昨年は記者会見出席をめぐって大会運営側と揉めた末に棄権していた。

対するアニシモワは、17歳だった2019年に「全仏オープン」ベスト4進出。その後、コーチだった父を若くして亡くすなどの不運もあり、それ以上の成績は残せていない。だが今季は「WTA250 メルボルン2」で優勝するなど、ここまで20勝8敗。「全仏オープン」前に出場したクレーの3大会(「WTA500 チャールストン」「WTA1000 マドリード」「WTA1000 ローマ」)すべてでベスト8以上に進出と好調だ。

二人は今年の「全豪オープン」3回戦で初対戦。当時は大坂が第13シード、アニシモワがノーシードの世界60位だったが、大坂はマッチポイントを決めることができずに、6-4、3-6、6-7(5)で競り負けていた。

それ以来の対戦となる今回、コイントスに勝った大坂はサーブを選択。しかし開始早々、相手の深いリターンを返せずにブレークポイントを与え、最後はダブルフォールトで第1ゲームを落としてしまう。大坂はすぐさま反撃して1-1としたものの、直後に再びブレークを許した。その後、大坂は第6ゲームでアニシモワのサービスゲームを破り、3-3と並ぶ。

その後は互いにピンチを迎えることなくサービスゲームをキープし合う展開に。しかし第11ゲーム、大坂はダブルフォールトなどで15-40とし、再び相手にブレークチャンスが訪れる。そこから大坂が粘り、サービスエースなどでデュースとする。次のポイントでアニシモワはスマッシュをネットにかけてしまい、思わず悲鳴をあげる場面もあった。結局、ここで4度目のブレークチャンスをモノにしたアニシモワが6-5とリード。アニシモワは続くサービング・フォー・ザ・セットをラブゲームで取った。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」での大坂
(Photo by Ryan Pierse/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】大坂が第1セットを落とす。世界28位アニシモワとの全仏OP1回戦