ニュース News

フェレロコーチ、アルカラスのグランドスラムでの展望「レベルを保つことが重要」

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフェレロ

カルロス・アルカラス(スペイン)は今シーズン、驚くべきパフォーマンスでテニス界を熱狂の渦に巻き込んでいる。すでにツアー最多の4冠を手にしているアルカラスは今、グランドスラムでまた一歩大きく前に進むことを目指している。アルカラスのコーチであるフアン カルロス・フェレロ(スペイン)は、この目標の達成に向けてアルカラスは順調に進んでいると考えている。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じた。

現役時代に「全仏オープン」を制覇し世界ランキング1位に到達したことのあるフェレロは、アルカラスには四大大会のタイトルを勝ち取るための要素が全て備わっていると見る。しかしながらアルカラスにとっての最大の挑戦は、ラファエル・ナダル(スペイン)やノバク・ジョコビッチ(セルビア)との最長5セットの試合で訪れるであろうとフェレロは強調した。

「彼はとてつもない願望と野心を抱いている。でも、5セットマッチでラファやジョコビッチと対戦しなければならないグランドスラムでは、プレーのレベルを保たなければいけない。勝つためにはたくさんのことが起こらなければいけないよ」

またフェレロは、自分とチームのメンバーたちは皆、アルカラスが夢を叶えられるようにできることは何でもすると強調した。「準備はできているか?イエス。優勝できるだろうか?僕の希望はイエスだ。彼は準備できている。彼自身もそう発言しているしね。明確な目標になっているよ。一歩一歩進む上でね。僕らも優勝を夢見ているし、できるだけ良い準備をするよ」

2022年シーズンが始まる前でさえ、アルカラスは大成功すると期待されていた。しかしながら今年に入ってから現時点までに驚異的な飛躍を遂げたことにより、今後のグランドスラムでの有力な優勝候補となった。アルカラスは「ATP1000 マイアミ」で自身初となるマスターズ大会のタイトルを獲得した上、5月に入ってからも「ATP1000 マドリード」でまた1つ同等のタイトルを手にした。

アルカラスは、マドリード大会の準々決勝でナダルに勝利した試合で、不運にも足首に怪我を負った。この怪我はタイトルを獲得する上ではさほど問題にならなかったが、アルカラスは大事を取ってその後の「ATP1000 ローマ」への出場を見送った。

フェレロはアルカラスの怪我について、軽度の断裂であったと話した。しかしながら「全仏オープン」には完全に健康な状態で臨めるであろうとフェレロは自信を見せた。「ローマに行かないというのは、足首を休めるためにはいい判断だったと思う。大会後、足首がこれまでになく腫れていたからね。水ぶくれもかなり酷かったよ。だから十分な休息を取って身体的にエネルギーを満タンにしようと判断したんだ」

また、「全仏オープン」の開催が近づく中、フェレロコーチはアルカラスに改善して欲しいことを1つ挙げた。「忍耐力だね。彼はいい形で勝つ時もあるけれど、メンタル面で少し揺らぐことがある。彼は目を見張るほどのレベルで3ゲームを戦って、そこから少し調子を落としてしまうんだ」

今年初めの世界32位から現在6位まで上昇しているアルカラス。彼の持つポテンシャルを見れば、目標に掲げているグランドスラム優勝も夢ではないだろう。まずは、22日開幕の「全仏オープン」でどこまで勝ち進むことができるのか、注目して見守りたい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフェレロ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. フェレロコーチ、アルカラスのグランドスラムでの展望「レベルを保つことが重要」