ニュース News

ジョコビッチがチチパス下しシーズン初優勝「完璧なプレーができた」[ATP1000 ローマ]

「ATP1000 ローマ」の優勝トロフィーにキスをするジョコビッチ

現地15日、世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第1シードとして出場していた「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月8日~5月15日/クレーコート)でシーズン初優勝を飾った。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

新型コロナワクチン未接種によりシーズン序盤は出場できる大会が限られていたジョコビッチは、シーズン3大会目の「ATP250 ベオグラード」で準優勝、続く「ATP1000 マドリード」でベスト4と、試合を重ねるごとに少しずつ調子を上げてきていた。今季5大会目となったローマ大会では、世界ランキング9位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、世界10位のキャスパー・ルード(ノルウェー)というトップ10選手にもストレート勝ち。決勝でも世界5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-0、7-6(5)で下し、1セットも落とすことなくシーズン最初の優勝を手にしている。また、自身が持つマスターズ大会最多優勝記録を38に伸ばした。

チチパスのアンフォーストエラーが重なったこともあって第1セットをベーグルで取ったジョコビッチだが、第2セットではダブルフォールトなどで与えたブレークチャンスを決められてしまい、2-5とリードされる。しかしそこから追いついてタイブレークに持ち込み、5-5でいいサーブを放ってチャンピオンシップポイント。最後はチチパスのバックハンドがアウトとなり、前回王者であるラファエル・ナダル(スペイン)を抜いてローマ大会史上最年長(34歳11ヶ月23日)のチャンピオンに輝いた。

「第1セットでは完璧なプレーができた。その後はちょっと厳しい展開になったね。このレベルでは数ポイントで試合の流れが変わってしまう。第3セットまでもつれ込むところだったけど、正しい時に正しいショットを選択することができた。タイブレークでは僕の方がちょっとだけ良かったかもしれないけど、とても拮抗した内容だったよ」

「ここ数週間にわたって少しずつ調子を上げてきたので、このローマ大会あたりでクレーで最高の状態を迎えられることはわかっていた。タイトルを獲得した状態で“全仏オープン”に臨めるのは最高だね」

ジョコビッチは4月の「ATP1000 モンテカルロ」で初戦敗退となった後、ある病気からの回復が遅れていると語っていたが、もはやその問題は「過去のこと」だという。その後、トレーニングと実戦を通してコンディションを整えてきたジョコビッチは「自信をもってパリに乗り込むよ。チャンスはあると思っている」と、連覇に向けて意気込んでいる。

敗れたチチパスは、ジョコビッチをレーシングカーに例えて称賛。「彼はまるでF1カーだね。ちょっとしたディテールでリズムを崩すことのないよう、彼はあらゆることをできるだけ完璧に近い状態でこなしているんだ」と述べた。

チチパスは昨年の「全仏オープン」決勝でジョコビッチ相手に2セットを先取してグランドスラム初優勝まであと一歩に迫ったが、今年の優勝候補はジョコビッチとシーズン4冠の世界6位カルロス・アルカラス(スペイン)だとしている。「今の有力候補は、素晴らしいプレーをしているアルカラスとジョコビッチだね。僕自身はいくつかの点を改善しなければならない。間に合うかわからないけど、“全仏オープン”が開幕するまで懸命に取り組むよ」

一方のダブルスでも、出遅れた元世界王者がシーズン初優勝を飾った。前回覇者である第3シードのニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアは、昨シーズンはローマ大会を含む9大会で優勝。しかし今季はここまで2回決勝に進出しながらも準優勝に終わっており、先月には世界1位の座から陥落していた。

今季3回目の決勝ではノーシードのジョン・イズナー(アメリカ)/ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)ペアと対戦。第1セットを6-2で取り、第2セットのタイブレークで6-5としてチャンピオンシップポイントを手にするが、そこから3ポイントを連取されてセットカウント1-1に。10ポイントのマッチタイブレークも接戦となり、優勝まであと1ポイントという状態を交互に迎えた末、メクティッチ/パビッチ組が3つ目のチャンピオンシップポイントをモノにして、6-2、6-7(6)、[12-10]で勝利した。

ファンから「イズナーマン」と呼ばれていた身長208cmのイズナーと身長170cmのシュワルツマンの凸凹コンビを下して優勝したことについて、パビッチは「とても大きいよ。今年の出だしは運に恵まれなくて、あまり良くなかったからね。シーズン最初のタイトルを得たことは自信を与えてくれる。去年たくさんの大会で優勝したけど、いつだって優勝するのはいい気分だよ。マスターズ大会なら特にね」と喜んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 ローマ」の優勝トロフィーにキスをするジョコビッチ
(Photo by Silvia Lore/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジョコビッチがチチパス下しシーズン初優勝「完璧なプレーができた」[ATP1000 ローマ]