ニュース News

「ラファナダル・アカデミー」運営のテニスセンターがアジアに進出!

2019年にアカデミーで学ぶ子どもたちと交流するナダル

ラファエル・ナダル(スペイン)が運営するアカデミーが、香港にテニスセンターを開設することが明らかとなった。アカデミーの公式ウェブサイトをはじめ複数のメディアが報じている

2016年にナダルは故郷のマヨルカ島に「ラファナダル・アカデミー」を設立し、世界中の子どもや若者たちが学業を犠牲にすることなくテニスキャリアを築けるように、テニスと教育を両立できる長期的なプログラムを設計した。ほかにも大人向けの様々なプログラムなどもあり、すべてナダルが長年にわたって培ってきた練習方法をもとに行われる。元コーチで叔父のトニ・ナダル(スペイン)がアカデミーのトップを務め、ナダルの現在のコーチであるカルロス(スペイン)もテクニカルディレクターとして運営に参加している。2020年にはクウェートに二つ目のアカデミーをオープンした。

マヨルカ島の敷地内にはアカデミーとは別に「ラファナダル・テニスセンター」もあり、ここでは周辺のリゾート地を楽しみながら、世界最高峰のチームによる、アカデミーと同じ練習方法に基づく短期的なプログラムに参加することができる。何らかの形でスポーツに関わることを目的とした観光客を誘致するスポーツツーリズムという新たなジャンルの需要が増える中で、テニスセンターは2019年にメキシコのコスタムヘレスとギリシャのハルキディキにも開設された。いずれもリゾート地として国際的に人気が高いエリアとなる。この度、マヨルカ島以外では3つ目となり、アジア初となるテニスセンターが香港に設立されることが発表された。

7月1日にオープン予定のこの新しいテニスセンターは、名門スポーツセンターとして知られる香港ゴルフ&テニスアカデミー(HKGTA)との提携によって生まれ、テニスに関する部分はすべて「ラファナダル・テニスセンター」のブランドのもとで運営される。アジア圏に移住したマヨルカ出身のコーチたちを中心に、アカデミー独自の方法論がここでも継承されるという。選手のプロフィールに合わせた様々な個別プログラムにより、香港でテニスを振興させるために役立つ質の高いコーチングを提供することを目標に掲げており、ナダルも大きな期待を寄せている。

「香港での新たな国際的なプロジェクトに僕たちはワクワクしている。5年前にマヨルカにアカデミーを開設して以来、自分たちの方法をできるだけ多くの人々に届けたいとずっと考えていた。僕たちにとって信頼できる仲間の存在は不可欠で、このプロジェクトに大きな信頼を寄せてくれたHKGTAにとても感謝している。ラファナダル・テニスセンターの施設は壮大で、素晴らしいコーチ陣が揃っている。必ずや成功し、少しずつ国際的な展開を進めていけると確信している」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は、2019年にアカデミーで学ぶ子どもたちと交流するナダル
(Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 「ラファナダル・アカデミー」運営のテニスセンターがアジアに進出!