ニュース News

18歳アルカラスがシーズン3冠目!「スペインの歴史の一部になれて嬉しい」[ATP500 バルセロナ]

「ATP500 バルセロナ」のトロフィーを掲げるアルカラス

現地23日に行われた「ATP500 バルセロナ」(スペイン・バルセロナ/4月18日~4月24日/クレーコート)の準決勝が雨天により中断となったため、現地24日に準決勝と決勝が連続して開催された。強行スケジュールの中で行われた大会を制したのは、第5シードのカルロス・アルカラス(スペイン)。今季3つ目のタイトルを獲得した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えた。

アルカラスはまず準決勝で第10シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)と初対戦し、6-7(4)、7-6(4)、6-4という激戦を制した。試合時間は3時間40分と、3セットマッチとしては今季最長の試合に。もう一つの準決勝は第6シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)対第8シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)で、これが4度目の対戦。これまではカレーニョ ブスタが2勝1敗と勝ち越しており、昨年のバルセロナ大会の準々決勝でも勝利を収めていた。この日もカレーニョ ブスタが6-3、6-4で勝利を収め決勝へ進出。

アルカラスとカレーニョ ブスタという長年親しくしているスペイン人同士の初顔合わせとなった決勝は、連戦による疲れからか立ち上がりはお互いサービスゲームをラブゲームでキープする展開が第4ゲームまで続く。動きがあったのは第5ゲームで、ラリーで積極的に攻めて相手のミスを誘ったアルカラスがブレークチャンスを得る。このチャンスでカレーニョ ブスタの放ったショットがアウトとなり、アルカラスが一歩リード。第7ゲームではカレーニョ ブスタが2回続けてショットをネットにかけ0-40と追い込まれる。しかしそこから立て直し、アルカラスの得意とするドロップショットもはね返しキープに成功。このセット、ファーストサーブ後のポイント取得率が92%だったアルカラスは、第8ゲームも難なくキープ。5-3で迎えた第9ゲームで強烈なフォアハンドを決め、セットポイント。最後はカレーニョ ブスタのショットがアウトとなり、アルカラスが第1セットを先取。

続く第2セットも立ち上がりはお互いにサービスをキープする展開に。ラリーで主導権を握っていたアルカラスが、第6ゲームでチャンスを得ると相手のミスを誘いブレークを果たす。続く第7ゲームではこのセット最初のサービスエースも飛び出し、アルカラスがキープする。迎えた第8ゲームでは、カレーニョ ブスタがミスを重ねたことにより、アルカラスにマッチポイントが訪れる。最後はカレーニョ ブスタのショットが大きく外れ、6-3、6-2でアルカラスのストレート勝ちとなり、シーズン3冠目を手にした。アルカラスは試合後、「すごく嬉しいよ。この大会は子供の頃から見ていたんだ。この大会でプレーすること、もちろん優勝することをずっと願ってきた。スペインの歴史の一部になれて、本当に嬉しい」とコメント。

アルカラスはまた、25日に更新された最新の世界ランキングで9位に浮上し、初のトップ10入りを果たしたことについては「僕はこれからも変わらないよ、ありのままでい続ける。18歳でトップ10に入れたことは幸せだし、僕のアイドルであるラファエル・ナダル(スペイン)と同じ歳でそれを成し遂げられて感激だけどね」と喜びを語っていた。

一方のダブルスでは準決勝で、ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)組がマルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)組に勝利、ケビン・クラウィーツ(ドイツ)/アンドレアス・ミース(ドイツ)組がサンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)/アンドレス・モルテニ(アルゼンチン)組に勝利し決勝に駒を進めた。

クラウィーツ/ミース組対クールホフ/スクプスキー組となった決勝は、第1セットからお互いに2度ずつブレークし合う展開に。タイブレークに突入すると、クールホフ/スクプスキー組が早々にミニブレークを果たす。一度は追いつかれるも、その後に鋭いリターンや相手のミスで突き放し第1セットを取る。第2セットではお互いにブレークチャンスを作るも仕留めきれず、再度タイブレークに。最初にミニブレークに成功したのはクラウィーツ/ミース組で、その後も立て続けに相手のサービスを奪いセットポイントを迎える。そこからなかなかセットを取るには至らなかったが、6-5で迎えたサービスをしっかりとキープし第2セットを取り返した。試合は10ポイントタイブレークにもつれ込み、クラウィーツ/ミース組がまず2度のミニブレークに成功。その後、最初のマッチポイントはしのがれたが、最後は3度目のミニブレークを果たし、6-7(3)、7-6(5)、[10-6]で、クラウィーツ/ミース組が2020年の「全仏オープン」以来、ペアとして5度目の優勝を果たした。

試合後ミースは最高の気分と述べ「2020年にタイトルを獲ってからすごく時間が経ってしまった。去年は怪我していたから、今はこれ以上ないくらい安心しているよ」と今の気持ちを素直に明かした。また相方のクラウィーツは「時には上手くプレーできない時もあったけど、大会中の僕らは精神的に良い状態だった。試合をコントロールできて良かった。バルセロナ大会で優勝できて嬉しい」と語った。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP500 バルセロナ」でのアルカラス
(Photo by David Ramos/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 18歳アルカラスがシーズン3冠目!「スペインの歴史の一部になれて嬉しい」[ATP500 バルセロナ]