ニュース News

ナダルが4週間ぶりにコートで練習、SNSで報告「夢みたいだ!」

2021年「ATP500 バルセロナ」で最多記録更新となる12回目の優勝を遂げたナダル

テニスの元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)が、先月の「ATP1000 インディアンウェルズ」以来となるコートに立つ姿をSNSでシェアした。スポーツウェブメディアSportskeedaなど複数メディアが報じている。

クレーコートで練習している写真に添えて、ナダルは次のようにコメント。「4週間テニスコートに足を踏み入れなかった後の、最初の軽いトレーニング。またクレーの上に立つのは夢みたいだ!」

ナダルはインディアンウェルズ大会の準決勝でカルロス・アルカラス(スペイン)と対戦中に胸に痛みを感じたという。それでもナダルは何とかその試合で6-4、4-6、6-3の勝利を収めた。だがテイラー・フリッツ(アメリカ)との決勝では怪我はさらにひどくなり、呼吸をするのも苦しかったそうだ。ナダルは3-6、6-7(5)で敗れ、シーズン開幕から続けていた連勝は20で終わった。

その後、ナダルは肋骨を疲労骨折していたことがわかり、4~6週間の離脱となると3月22日に表明していた。

それからは痛みが治まるようにラケットも握っていないとチームのスタッフが話していたが、自身のアカデミーを訪れて生徒たちと交流したり、日曜日にはイースターを妹やいとこたちと過ごす姿がSNSに投稿されていた。

そしてようやくコートでの練習を再開。既に「ATP1000 モンテカルロ」と「ATP500 バルセロナ」の2つのクレーコートの大会を欠場してしまったナダルだが、実戦への復帰が待たれる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「ATP500 バルセロナ」で最多記録更新となる12回目の優勝を遂げたナダル
(Photo by Alex Caparros/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダルが4週間ぶりにコートで練習、SNSで報告「夢みたいだ!」