ニュース News

BJK杯でウクライナと対戦するアメリカ「コートでは敵、コート外では仲間」

2021年「WTA500 モスクワ」でのイエストレムスカ

4月15日・16日に行われる「ビリー・ジーン・キング・カップby BNPパリバ クオリファイアーズ 」の中で、ぱっと目を引く組み合わせがある。その理由は必ずしもテニスではないのだが、実際の試合でもしびれるような攻防でファンを楽しませてくれることは間違いない。アメリカのアッシュビルで行われるアメリカ対ウクライナ戦に先立ち、アメリカチームのキャプテン、キャシー・リナルディがインタビューに応え、ウクライナへの支援や大会に懸ける思いを語った。「ビリー・ジーン・キング・カップ」の公式ホームページが伝えている。

ロシアによるウクライナ侵攻が連日報道される中、ウクライナを代表する選手の心境は察するに余りある。11月に行われる「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ ファイナルズ」への進出をかけて競い合う状況ではあるが、テニス界のファミリーとして団結し、侵攻を受けているウクライナを支えたいという気持ちは共通のものだとアメリカチームは考えている。

「コート上で高い競争心を見せ合う週末となることを楽しみにしている。でも同時に、コートの外では友情で溢れたものにしたい。ウクライナの現在の状況を十分に理解しているわ。対戦の前に、ウクライナチームが必要なもの全てを持っていることをしっかり確認することができ、非常に嬉しく思っている」

「私たちが味方であることをウクライナチームに知ってほしいし、この大会の準備に必要なものを全て持っていてほしい。実は、火曜日の夜に食事会を主催するの。対戦の前に、みんなで一緒に食事をするのよ。チームの選手と話して、みんなウクライナのために何かしたい、支援したいと言ってくれた。コートでは敵だけれど、コート外では仲間なの」

「選手たちは、毎週のように顔を合わせている。だから、彼らをサポートすることはチームにとってとても重要なことなの。全米テニス協会はこの件に関して非常に協力的で、チケットの売り上げの10%をウクライナの救援基金に寄付することになった。誰かがチケットを買うたびに、救援基金への寄付を行うことになる。とても大切なことだわ」

これまで自国で行われた「ビリー・ジーン・キング・カップ」の対戦では2016年以降負け知らずのアメリカチーム。さらに、ダニエル・コリンズとジェシカ・ペグラがチームメンバーに入っており、世界ランキング20位以内の選手が2人も揃っている(コリンズは後に怪我のためアリソン・リスクと交代になった)。

先週の月曜日、「全豪オープン」ファイナリストのコリンズは自己最高の8位にランキングを上げ、初めてトップ10に入った。ペグラは先日の「WTA1000 マイアミ」で準決勝に進出し、ランキングを14位まで上げている。

「私たちは、これまで通り素晴らしいチームよ」とリナルディは続けた。「ダニエル・コリンズとジェシカ・ペグラが参戦するわ。アメリカ人No.1とNo.2よ。ダニエルは大きな目標だったトップ10に入った。素晴らしい選手で、ジュニアの頃から知っているわ。彼女が大学を出てプロツアーに入り、トップ選手の一人として開花するのを見るのは素晴らしいものだった」

「ジェシカ・ぺグラも、素晴らしいショットの持ち主。ここ数年、着実に上達し、実力を発揮してきているわ。ボールを打つのがとても上手で、コントロールも素晴らしい。自己最高のランキングに到達したことで、自信を持って臨んでくれるでしょう」

リナルディ自身も、1986年5月に自己最高の世界7位に到達したトップ選手だった。2017年以降アメリカチームのキャプテンを務め、今回が13対戦目となる。

2017年には「ビリー・ジーン・キング・カップ」のチャンピオンとなったアメリカ代表だが、2018年はチェコチームに敗れ、2年連続優勝を逃した。昨年プラハで行われた「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ ファイナルズ」では、アメリカチームは準決勝で敗退。しかし、今年こそトロフィーを獲得したいとリナルディは意気込む。

「キャプテンとして、選手たちにとって[対戦を行う]週が特別なものになるよう、すごく努力しているわ。私にとって、それが一番大事なの。もちろん勝ちたいし、テニスをするため、優勝してトロフィーを持ち帰るためににここにいる。私がキャプテンを務めている間にまた優勝できたらいいわね」

「そしてもっと深いところでお互いを知りたいとも思っているわ。テニスは個人競技だけれど、こういう時はみんなで集まって同じ目標を持つことができる」

まずは、2022年の「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ ファイナルズ」への切符を手にすることが第一の目標だが、今回の対戦は双方の選手にとって、それ以上に大きく深い意味を持つことになる。

アメリカチーム
ジェシカ・ペグラ
アリソン・リスク
シェルビー・ロジャーズ
エイジア・ムハメッド
デズレイ・クラブチェク

ウクライナチーム
デヤナ・イエストレムスカ
カタリナ・ザワツカ
ナディヤ・キッチュノック
リューメラ・キッチュノック

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「WTA500 モスクワ」でのイエストレムスカ
(Photo by Anatoliy Medved/Icon Sportswire via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. BJK杯でウクライナと対戦するアメリカ「コートでは敵、コート外では仲間」