ニュース News

チチパスが王者対決を制す。18歳ルーネが大会初勝利[ATP1000 モンテカルロ]

「ATP1000 モンテカルロ」でのチチパス

現地12日の「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月10日~4月17日/クレーコート)では、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が初戦敗退というサプライズがあったが、そのほかにもいくつかの番狂わせが起きた。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

2回戦の注目カードだったのが、モンテカルロ王者同士の対戦。2021年大会で優勝した第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と、その前の2019年大会を制した世界ランキング32位のファビオ・フォニーニ(イタリア)が顔を合わせた。前回大会で1セットも落とすことなくタイトルを手にしたチチパスは、この日も6-3、6-0の快勝で、連覇へ向けて好スタートを切った。第1セットの3-3から9ゲームを連取したチチパスは「ベストに近いプレーができた」と述べている。

番狂わせを起こしたのは、18歳の予選勝者オルガ・ルーネ(デンマーク)。これまでマスターズ本戦では1勝3敗だった彼が、イタリアでのチャレンジャー大会に優勝する傍らで予選を通過した今大会で、世界30位のアスラン・カラツェフ(ロシア)を7-6(1)、4-6、6-3のフルセットで下した。モンテカルロの本戦ではこれが初勝利となるルーネは、最新の世界ランキングでキャリアハイの79位に到達しており、トップ100に入っている二人の10代選手のうちの一人だ。もう一人は、今大会に第8シードとして参戦する世界11位の18歳、カルロス・アルカラス(スペイン)。

そのほかには、第10シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)、第16シードのロレンツォ・ソネゴ(イタリア)、世界27位のダニエル・エバンズ(イギリス)、世界29位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ワイルドカードで出場する世界47位のダビド・ゴファン(ベルギー)らが勝利している。

そしてダブルスでもサプライズが。ワイルドカードで出場するマルセロ・メロ(ブラジル)/アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)ペアが、5度のグランドスラム優勝を誇る第4シードのピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)ペアに7-5、6-4のストレート勝ちで、ベスト8入りを決めている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 モンテカルロ」でのチチパス
(Photo by Manuel Queimadelos/Quality Sport Images/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. チチパスが王者対決を制す。18歳ルーネが大会初勝利[ATP1000 モンテカルロ]