ニュース News

セレナがウィンブルドン出場へ?コーチのムラトグルーはハレプと組むことに

2020年「全豪オープン」会場で練習するセレナ(右)とムラトグルー氏

怪我によりツアーから長らく離脱しているセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、今年の「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)で復帰することをほのめかした。英スポーツメディア Sky Sportsなど複数のメディアが報じている。

現在40歳のセレナは昨年の「ウィンブルドン」1回戦で芝に足を滑らせて足首を負傷し、当時世界ランキング100位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)との試合を途中で棄権。以降もハムストリングの怪我に見舞われ、復帰を見送ってきた。その結果、セレナの現在のランキングは世界246位まで落ち込んでいる。

そんなセレナは先日マイアミで行われたビットコインのカンファレンスでNFLのクオーターバック、アーロン・ロジャースと対談しており、その様子をInstagramのストーリーズに投稿。その中でセレナは「復帰について話し合っているところよ。“ウィンブルドン”に向けて準備を進めているから、楽しみだわ」と述べた。

1998年に初めて「ウィンブルドン」に出場したセレナは、2002年から2016年にかけて7回優勝。グランドスラム通算優勝は23回に上り、マーガレット・コート(オーストラリア)が持つ歴代最多記録(24回)に並べるかが注目され続けるセレナが最後にグランドスラムチャンピオンとなったのは2017年の「全豪オープン」。この年に娘のオリンピアちゃんを出産して以降はグランドスラムで4度の決勝進出を果たしたものの、いずれもストレート負けを喫している。

一方で、セレナと2012年から組んできたコーチのパトリック・ムラトグルー氏が、元世界女王のシモナ・ハレプ(ルーマニア)をフルタイムで指導することになったと今月7日に発表した。ハレプは長年組んできたコーチのダレン・ケーヒル氏と昨年の9月に別れており、その後に組んだ別のコーチとは短期間で関係を解消。今年2月に行われた「WTA500 ドバイ」と「WTA1000 ドーハ」はコーチ不在で出場していた。ハレプは「WTA1000 インディアンウェルズ」に向けて3月初旬からフランスにあるムラトグルー・アカデミーでトレーニングを積んでおり、そのことが彼と組むきっかけとなった。ムラトグルー氏はハレプのコーチとなった経緯をTwitterでこう説明している。

「私はこの8ヶ月間、コーチングができなくて寂しい思いをしていたことに気がついた。これは私にとっての生き甲斐で、まだ与えられるものがたくさんあると感じている。シモナはインディアンウェルズの前にムラトグルー・アカデミーでトレーニングを行っていて、私も彼女の練習を何度か見させてもらった。そして、トレーニング期間が終わる頃に、コーチを務めてもらえないかと彼女に聞かれた。彼女のことはとても尊敬しているが、当時は(セレナの専属コーチである手前)引き受けることはできなかった。それから数週間後にセレナと話し合った結果、今のところ短期間ではあるが、ほかの選手と仕事をする道が開けた。今後のことはまたお知らせする」

ハレプもTwitterでムラトグルー氏との写真を投稿し、「新たなチャプターが楽しみだわ。さあ、頑張るわよ」とコメントを添えている。30歳のハレプはこれまでに23個のツアータイトルを獲得しており、グランドスラムでは2018年の「全仏オープン」と2019年の「ウィンブルドン」で優勝。だが昨年は長引く怪我に苦しめられ、「全仏オープン」「ウィンブルドン」「東京オリンピック」などの大きな大会を欠場し、8月にはそれまで7年半にわたって保ってきた世界トップ10からも陥落していた。世界20位として今シーズンに臨んだハレプは開幕早々の「WTA250 メルボルン1」でタイトルを獲得、15勝4敗をマークしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年「全豪オープン」会場で練習するセレナ(右)とムラトグルー氏
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. セレナがウィンブルドン出場へ?コーチのムラトグルーはハレプと組むことに