ニュース News

ムキムキの18歳アルカラス「これ以上筋肉はいらない」

「ATP500 リオデジャネイロ」でのアルカラス

テニス選手にとって理想の肉体とは、どのようなものを指すのだろうか。先日「ATP1000 マイアミ」でマスターズ大会史上3番目の若さで優勝し、世界ランキングで11位に到達した18歳のカルロス・アルカラス(スペイン)。彼は、プレー同様に肉体的にも進化してきたが、今以上に筋肉をつけるつもりはないという。Tennis World USAが伝えている。

アルカラスはその肉体美が評価され、世界中で読まれている男性向け雑誌「Men's Health(メンズヘルス)」の刊行されて20年になるスペイン版の表紙を最年少で飾ることになった。この雑誌の表紙はこれまでにヒュー・ジャックマンやクリス・ヘムズワースといったアクションスター、デヴィッド・ベッカムなどの有名アスリートが飾ってきた。テニス界以外からも注目を集めるアルカラスは、自身の身体について次のように述べている。

「もっと若かった頃は筋肉質な身体ではなかったんだ。食事に関してもめちゃくちゃだった。でも今ではチームの協力を得て食生活を改善し、その時々で最適なトレーニングを行ってきた。今の体格の秘訣について一つ言えることがあるとすれば、毎日一生懸命にトレーニングをし、細部にまで気を配ることだ」

アルカラスはまた、身体的健康に繋がるとして、十分に休息を取る重要性にも言及。その一方で、肉体面以外に重点を置きたいため、今以上の筋肉は必要ないと語る。

「これ以上筋肉はいらないよ。筋肉をつけすぎるとテニスに支障が出るから。だから身体に関しては現状を維持し、今後はスピード、敏捷性、パワーの改善に重点を置いてトレーニングに励みたい」

最後にメンタル面に関しては、「多くのことを改善していかなければいけないと思っている。試合途中で崩れないよう集中力を高める必要があるし、浮き沈みしないよう安定して試合に臨めるようにしたい」と語った。

ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のビッグ3を抜く記録を打ち出しているほか、ステファノス・チチパス(ギリシャ)やマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、キャスパー・ルード(ノルウェー)といったトップ10選手にも勝利しているアルカラス。まだ成長過程の18歳は今後どれほど伸びるのだろうか。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP500 リオデジャネイロ」でのアルカラス
(Photo by Buda Mendes/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ムキムキの18歳アルカラス「これ以上筋肉はいらない」