ニュース News

メドベージェフが手術で最大2ヶ月の離脱へ。「全仏オープン」欠場の可能性も?

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのメドベージェフ

世界ランキング2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)が手術により1、2ヶ月離脱することを発表した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが伝えている。

メドベージェフは3月31日、第1シードとして臨んでいた「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月23日~4月3日/ハードコート)で準々決勝敗退。この大会でベスト4に進めれば来週更新される世界ランキングで1位に返り咲けることになっていたが、前回王者である第8シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)にストレート負けを喫したことで王座奪還はひとまずお預けとなった。

そんなメドベージェフが4月2日、ヘルニアの手術を受けることをSNSで発表。それにより最大2ヶ月の離脱となることを明かした。

「やあ、みんな。ここ数ヶ月間、小さなヘルニアの問題を抱えながらプレーしていたんだ。その問題を解決するため、ちょっとした手術を受けることにしたよ。これから1、2ヶ月離脱することになると思うけど、コートに戻ってくるためハードワークに励むつもりだよ」

なお上記の投稿後、メドベージェフは手術を受けた後の様子を投稿。Twitterにアップされた画像では、彼と思われる人物がベッドに横たわる横に置かれたPCでサッカーの試合が映し出されており、「回復中…だけどまだ見ているよ。誰がプレーしているかわかるかな?」というメッセージが添えられている。彼はサッカー好きで知られるが、ファンのコメントによれば、プレミアリーグのリバプール戦を見ていたようだ。

マイアミ大会の終了をもってツアーはクレーコートのシーズンに突入するが、メドベージェフはクレーコートを苦手としており、昨年参戦した大会はわずか3つ。「全仏オープン」では5回目の出場にして初勝利を挙げたが、準々決勝でのちに準優勝するステファノス・チチパス(ギリシャ)に敗れていた。

メドベージェフが復帰までに2ヶ月を要するとすれば、5月22日に開幕する「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)をはじめクレーコートのシーズンを丸ごと休むことになるかもしれない。

彼と世界1位の座を争うノバク・ジョコビッチ(セルビア)が「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月10日~4月17日/クレーコート)からツアーに再び参加すると見られる中、メドベージェフはいつ戻って来られるのだろうか。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのメドベージェフ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. メドベージェフが手術で最大2ヶ月の離脱へ。「全仏オープン」欠場の可能性も?