ニュース News

メドベージェフの復権ならず。アルカラスが2大会連続ベスト4[ATP1000 マイアミ]

「ATP1000 マイアミ」でのメドベージェフ

現地3月31日、「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月23日~4月3日/ハードコート)シングルス準々決勝の残り2試合が行われ、ベスト4が決定した。また、ダブルスの決勝カードが決まっている。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えた。

第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)は、前回王者である第8シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)と対戦。2-5とリードされた第1セット、一旦追いついてタイブレークに持ち込むもフルカチュに5つ目のセットポイントを決められる。第2セットでは一度もブレークチャンスを作れず、6-7(7)、3-6で敗れて2年連続のベスト8敗退に。この試合に勝てば来週更新される世界ランキングで1位に返り咲けることになっていたが、ひとまずお預けとなった。

メドベージェフは「世界1位になることよりも、試合そのものに勝つことの方が僕にとっては重要だ。(世界1位は)ボーナスみたいなものだよ」と語り、世界1位に返り咲くことが最優先事項ではないと説明。この試合ではそうした重圧ではなく気候に苦しんだようだ。

「暑さのせいかもしれないが、激しいめまいや疲労を感じて、ゲームが長引いた時はサーブがもう打てないようなこともあった。ロッカールームでは痙攣したしね。だから身体的に簡単じゃなかったよ」

同じ誕生日でちょうど1歳下のフルカチュに対して2連勝中だったが、2021年「ウィンブルドン」以来の負けを喫した。一方のフルカチュはこれでマイアミ大会10連勝。「フロリダで長く過ごしているから、ここの湿度に慣れている」という彼にはこの気候は有利に働いたようだ。試合後にはカメラに向けたメッセージで「マイアミ」と綴り、ハートマークを添えている。

もう一つの準々決勝では、「ATP1000 インディアンウェルズ」に続いてのベスト8進出を果たした二人、第14シードのカルロス・アルカラス(スペイン)と世界ランキング48位のミオミル・キツマノビッチ(セルビア)が一進一退の攻防を繰り広げた。第1セットから締まった展開となり、互いにほとんどチャンスを作れないまま、タイブレーク終盤に3ポイントを連取したキツマノビッチがセットを先取。第2セットではアルカラスが第2ゲームで得たリードを守って取り返す。最終セットではともにブレークチャンスはなく、再びタイブレークに突入。キツマノビッチが5-3で迎えた場面でドロップショットを決めたアルカラスがそのまま4ポイントを連取し、6-7(5)、6-3、7-6(5)の逆転勝ちを収めた。

18歳のアルカラスにとってはインディアンウェルズ大会に続いての準決勝進出。ここマイアミではスペイン系の観客が多いと同じくベスト4入りした世界103位のフランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)が指摘していたが、アルカラスも同意見のようで、「スペインでプレーしているような気分だった。観客のみんなが後押ししてくれた。彼らなしでは準決勝へ進めなかっただろう」と感謝している。

準決勝2カードは以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

フベルト・フルカチュ(ポーランド)[8] vs カルロス・アルカラス(スペイン)[14]
キャスパー・ルード(ノルウェー)[6] vs フランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)

一方のダブルスでは準決勝2試合が行われた。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する2組、ニック・キリオス(オーストラリア)/タナシ・コキナキス(オーストラリア)ペアとフルカチュ/ジョン・イズナー(アメリカ)ペアの対戦は、フルカチュ/イズナー組が6-4、6-3で勝利。シモーネ・ボレッリ(イタリア)/ファビオ・フォニーニ(イタリア)ペアを6-1、3-6、[10-5]で破った第6シードのヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)ペアと決勝で対戦することになった。今季からペアを組むクールホフ/スクプスキー組にとっては4回目の決勝進出。これまでの3回の決勝はすべて勝利しており、シーズン4冠目まであと一勝に迫っている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 マイアミ」でのメドベージェフ
(Photo by Megan Briggs/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. メドベージェフの復権ならず。アルカラスが2大会連続ベスト4[ATP1000 マイアミ]