ニュース News

マイアミ大会欠場の世界6位ベレッティーニが右手を手術

「ATP500 リオデジャネイロ」でのベレッティーニ

世界ランキング6位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が利き腕である右手を手術した。本人がSNSで報告している。

ベレッティーニは「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月23日~4月3日/ハードコート)に第4シードとして出場する予定だったが、右手の怪我により初戦を前に棄権していた。そして29日、Instagramに病院のベッドで笑顔でピースする自身の写真を投稿。その右手は包帯で巻かれた上、三角巾で吊られている。

「右手の怪我でマイアミ大会を棄権して以来、僕とチームは医療の専門家とずっと話し合ってきた。そしていくつかの検査を経て、完全かつ迅速な回復のためにはちょっとした手術を行うのが最善だという結論に達したんだ」

「今日手術を行い、その結果はとてもうまくいった。主治医とチームはすでに僕がいつコートに戻れるかについて相談しているんだ。復帰計画が固まり次第、みんなにお伝えするよ」

昨年の「ウィンブルドン」で準優勝を飾ったベレッティーニは、今季は「全豪オープン」でベスト4に進んだものの、それ以外はあまり結果を残せていない。「ATP500 リオデジャネイロ」でベスト8、「ATP500 アカプルコ」では1回戦で途中棄権、「ATP1000 インディアンウェルズ」では4回戦で敗れている。

右手の怪我がどんなものだったのか、どういう手術を行ったのかは明かされていない。「全仏オープン」が5月22日に、「ウィンブルドン」が6月27日に開幕する中、ベレッティーニが復帰するのはいつだろうか。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP500 リオデジャネイロ」でのベレッティーニ
(Photo by Buda Mendes/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. マイアミ大会欠場の世界6位ベレッティーニが右手を手術