ニュース News

シフィオンテクが4回戦進出!穂積/二宮ペアは2回戦で敗退[WTA1000 マイアミ]

「WTA1000 マイアミ」でのシフィオンテク

現地27日、「WTA1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月22日~4月3日/ハードコート)のシングルスに第2シードで出場するイガ・シフィオンテク(ポーランド)が、自己最高の連勝記録を13に伸ばして4回戦進出を決めた。一方のダブルスでは、穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/二宮真琴(日本/エディオン)ペアが2回戦敗退となった。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

シフィオンテクは現地25日に行われた2回戦で勝利を収めたため、4月4日に更新される世界ランキングで新たな世界女王となることが確定している。迎えた3回戦では、世界59位のマディソン・ブレングル(アメリカ)と対戦。過去2度対戦して1勝1敗だったが、この日はシフィオンテクが圧巻のプレーを披露した。

自身のサービスゲームでは相手に1度もブレークチャンスを与えずにキープすると、相手のサービスゲームは全てブレークに成功して6-0で第1セットを先取。続く第2セットではブレングルも反撃に出る。第5ゲームで初めてブレークチャンスを得ると、2度目でモノにし3-2とリードする。しかし第6・第7ゲームで1ポイントも取れずに逆転されてしまう。第8ゲームでもシフィオンテクがブレークしてさらにリードを広げ、そのまま6-0、6-3のストレート勝ちを収めた。

「自分のテニスはとても良い状態だと思うから、そこに集中している」と語るシフィオンテクは、4回戦で第14シードのココ・ガウフ(アメリカ)と対戦予定だ。

そのほかには、第5シードのパウラ・バドーサ(スペイン)、第16シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)、第21シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)、ワイルドカードで出場している16歳のリンダ・フルフリトバ(チェコ)などが4回戦へ駒を進めている。

ダブルスでは穂積/二宮ペアが、第1シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/クデルメトワ組と対戦。立ち上がりから2度のブレークを許し4-0とリードされる苦しい展開に。1度ブレークに成功するも、反撃及ばず第1セットを2-6で落とす。しかし第2セットでは真逆の展開に。第2ゲーム、第4ゲームと続けてブレークを果たすと5-0までリードを広げた。1度はサービスゲームを落とすもリードを守り切り、セットカウント1-1に追いつく。試合は10ポイントのマッチタイブレークにもつれ込むと、18ポイント中11度が互いのサービスを破るミニブレーク合戦となった。穂積/二宮ペアの3度に対し、メルテンス/クデルメトワ組は4度のキープに成功。最終スコアは2-6、6-3、[8-10]で、穂積/二宮ペアが惜しくも2回戦で姿を消すこととなった。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 マイアミ」でのシフィオンテク
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シフィオンテクが4回戦進出!穂積/二宮ペアは2回戦で敗退[WTA1000 マイアミ]