ニュース News

チチパス、マレー、アルカラスらがゴミ掃除などで地域貢献!

「全豪オープン」でのチチパス

現在開催されている「ATP/WTA1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月22日~4月3日/ハードコート)の開幕前に、大会に出場する元世界王者アンディ・マレー(イギリス)や世界ランキング5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)などの男女スターテニス選手らが、マイアミでビーチのゴミを掃除したり、子どもたちにテニスを教えたりといった地域貢献活動にいそしんだ。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

マレーとフランシス・ティアフォー(アメリカ)、サーニャ・ミルザ(インド)、ジェシカ・ペグラ(アメリカ)は、テニスレジェンドのアーサー・アッシュ(アメリカ)とブッチ・バックホルツ(アメリカ)によって創設されたテニスセンターを訪れ、テニスを教えたり質問に答えたりして子どもたちと交流。

「とても大切なことだと思う。いろんなバックグラウンドの子どもたちが集まって、テニスを楽しんでいる。今日初めてテニスをした子もいる。子どもたちがテニスを始めるきっかけを作ることで、テニスに恩返ししたい」とマレー。

インディアンウェルズでの活躍も記憶に新しい18歳のカルロス・アルカラス(スペイン)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、パウラ・バドーサ(スペイン)、オンス・ジャバー(チュニジア)は、100年前から続く「マイアミ・レスキュー・ミッション」の活動に協力。困窮した人々に食事を配るのを手伝った。

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、ライリー・オペルカ(アメリカ)、サマンサ・ストーサー(オーストラリア)は、畑作りに汗を流した。やがてそこで収穫される野菜は、必要とする人々に無料で支給される。

チチパスとディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)、アリゼ・コルネ(フランス)はマイアミビーチへ行ってゴミ拾い。競争心旺盛なアスリートである彼らは、拾ったゴミの量を競い合って大いに楽しんだようだ。

「毎日が大切な一日だ。サステナビリティ、地球を守って、もっと住みよい場所にしよう」とチチパスは言った。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのチチパス
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. チチパス、マレー、アルカラスらがゴミ掃除などで地域貢献!