ニュース News

西岡、ダニエルがマイアミ大会本戦出場!望月と本玉は予選敗退

「ATP500 アカプルコ」での西岡

女子は現地22日、男子は23日に本戦が始まる「ATP/WTA1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月22日~4月3日/ハードコート)。それに向けた予選が開催され、西岡良仁(日本/ミキハウス)とダニエル太郎(日本/エイブル)が本戦出場を決めた。一方、望月慎太郎(日本/IMG Academy)と本玉真唯(日本/島津製作所)は予選敗退に終わっている。ATP(男子プロテニス協会)・WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが伝えた。

予選第4シードの西岡は、1回戦で世界ランキング152位のイゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)に6-4、6-2で勝利。続く2回戦では世界155位のクリストファー・ユーバンクス(アメリカ)に第1セットを奪われたものの、2-6、7-6(1)、6-1の逆転勝ちを収めた。

第10シードのダニエルは、1回戦で世界163位のマックス・パーセル(オーストラリア)、2回戦では第24シードのビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)をそれぞれストレートで下して本戦出場を決めている。

西岡がマイアミ本戦に出場するのはこれが5回目。最高成績は、予選から参加して初出場を果たした2016年大会の3回戦進出だ。そしてダニエルにとっては2度目の本戦出場。前回は2019年大会で、1回戦で当時世界99位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)にフルセットで敗れていた。

本戦1回戦で西岡は予選勝者の世界145位エミリオ・ゴメス(エクアドル)と、ダニエルは同じく予選勝者の世界89位ジャウメ・ムナール(スペイン)と対戦する。

一方、ワイルドカード(主催者推薦枠)で予選に出場した世界372位の18歳、望月は同い年である第2シードのホルガ ビートス ノディシュコフ・ルーネ(デンマーク)が第1セット終了後に棄権したため2回戦へ進んだものの、世界159位のミカエル・ククシュキン(カザフスタン)に6-7(6)、2-6で敗れた。

世界129位の22歳、本玉は第22シードのアナスタシア・ポタポワ(ロシア)に2-6、4-6で敗れて1回戦敗退となった。

そのほかには、男子では第6シードのタナシ・コキナキス(オーストラリア)、第8シードのデニス・クドラ(アメリカ)、元世界7位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)、元世界8位のジャック・ソック(アメリカ)などが予選を突破。女子では第6シードのマグダレナ・フレッヒ(ポーランド)、第7シードのアンナ・カリンスカヤ(ロシア)、第9シードのローレン・デービス(アメリカ)などが本戦出場を果たしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP500 アカプルコ」での西岡
(Photo by Hector Vivas/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 西岡、ダニエルがマイアミ大会本戦出場!望月と本玉は予選敗退