ニュース News

ナダルの連勝は20でストップ。フリッツがマスターズ初優勝[ATP1000 インディアンウェルズ]

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフリッツ(左)とナダル

「第5のグランドスラム」とも称される「ATP/WTA1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月9日~3月20日/ハードコート)。現地20日に男子シングルス決勝が行われ、開幕20連勝中だった第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、7-6(5)で破った第20シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)がマスターズ大会初優勝を飾った。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

試合はナダルのサーブでスタートするが、開始直後から積極的に出たフリッツが何度もブレークチャンスを作り、最後はナダルのショットがロングとなって、フリッツが8分に及んだ第1ゲームを取る。フリッツがサービスゲームを2つ続けてラブゲームでキープするのに対し、ナダルはショットが安定せず、第3ゲームもブレークされた。

0-4とされたナダルだが、第5ゲームではファーストサーブが入るようになり、ラブゲームで取る。続く相手のサービスゲームでナダルはポイントを重ねてデュースとするが、最後はフリッツがキープした。フリッツは5-2で迎えたサービング・フォー・ザ・セット、緊張からかミスショットが続き、ナダルに初めてのブレークチャンスが訪れる。最後はフリッツがネットにかけてナダルの3-5に。しかし続く第9ゲームでナダルは15-40として相手にセットポイントを与えてしまう。1つ目はしのいだが、2つ目でショットがアウトになり、フリッツが第1セットを取った。

第2セット第1ゲーム、ナダルは40-40からアンフォーストエラーをした後で珍しく声を荒げる。そのゲームポイントを決めてフリッツがキープ。ナダルは第2ゲームを取ってガッツポーズ&雄叫び。続く第3ゲームでついにブレークに成功した。しかし直後のゲームで15-40のピンチを招き、フォアハンドがアウトになってすぐさまブレークバックを許してしまう。それでも第5ゲームで4度のブレークチャンスを作るが、最後はフリッツがフォアハンドを決めて3-2とする。

4-4で迎えた第9ゲーム、ナダルが36回続いたロングラリーをフォアハンドのクロスで制してブレークポイント。しかしフォアハンドをネットにかけてしまい、フリッツがキープして5-4。このゲームの後、第1セット終了後にコート外でメディカルタイムアウトを取っていたナダルが、今度はコート上で再びフィジオの施術を受ける。背中を押されている時、顔をしかめるナダルの姿がテレビカメラに捉えられた。

ゲームが再開され、第10ゲームでフリッツのショットがラインぎりぎりに決まり、チャンピオンシップポイント。しかしここはナダルにしのがれた。ナダルも第11ゲームで2度ブレークチャンスを掴むものの、決めきれない。結局そのままタイブレークに突入。フリッツがフォアハンドのウィナーを決めてミニブレークで2-0。しかしナダルもミニブレークに成功して追いつく。9ポイント目、ナダルがフリッツを翻弄して2度目のミニブレーク。しかしナダルは次のポイントでスマッシュをミスしてしまい5-5。ナダルは続くポイントでもショットが大きく外れ、フリッツが2度目のチャンピオンシップポイントを決めた。

フリッツは、2001年にアンドレ・アガシ(アメリカ)が優勝したのを最後に一度も地元選手の優勝がなかったインディアンウェルズ大会で、21年ぶりのアメリカ人チャンピオンとなった。フリッツは子どもの頃に何度もこの大会を訪れていたそうで、元プロテニス選手である父親から、いつかお前はこの大会で優勝すると言われていたという。

「インディアンウェルズ優勝という子どもの頃の夢が叶うなんて思わなかった。試合が終わった後、これが現実なわけがないって心の中で言い続けていたよ」

これまでナダルを含むビッグ3に対して8戦全敗だったフリッツは、「ずっと負けていたから、彼らは倒せないものだと思っていた。でも大きな舞台で勝ちたければ、世界最高の選手を倒すしかない」として、9回目の対戦にして初めて手にした勝利を喜んだ。

一方で、メディカルタイムアウトを何度も取ったナダルを思いやっている。「彼が大丈夫なことを願っているよ。何かが起きていたのは明らかだからね。20試合以上を戦った時に身体がどういう反応をするかなんて、僕には想像もできない」

なお、フリッツは第7シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)と対戦した準決勝の終盤に痛めた右足首が「これまで経験したことがないほど痛かった」ため、チームは決勝に出ないことを望んでいたそうだが、実際にコートに立ってみるとほぼ痛みを感じなくなっていたと明かしている。月曜日にMRI検査を受けて、「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月23日~4月3日/ハードコート)に出場するか否かを決断するという。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフリッツ(左)とナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダルの連勝は20でストップ。フリッツがマスターズ初優勝[ATP1000 インディアンウェルズ]