ニュース News

ナダル、「今大会最高の試合」で開幕18連勝!ベスト8が決定[ATP1000 インディアンウェルズ]

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのナダル

「第5のグランドスラム」とも称される「ATP/WTA1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月9日~3月20日/ハードコート)。現地16日に男子シングルス4回戦8カードが行われ、ベスト8が決定した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

ベスト8入りを決めた一人が第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の欠場、ダニール・メドベージェフ(ロシア)とアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)の早期敗退により今大会に勝ち残った最もシードが高い選手であるナダルは、第17シードのライリー・オペルカ(アメリカ)に7-6(3)、7-6(5)で勝利した。

ナダルはビッグサーバーであるオペルカに対し、ラリーに持ち込む形でポイントを重ねた。最高時速225kmを記録したオペルカのサーブについて「まあまあ対応することができたよ。彼のサーブはスピードがあるだけじゃなくてスピンもかかっているから、読むのが大変なんだ。フォアハンドも強烈だしね」と振り返った。

「でも、今大会ここまでで最高の試合ができたと思う。2つの厳しいタイブレークがあった試合に勝ててすごく嬉しいよ」

ナダルはこれで開幕18連勝となり、ピート・サンプラス(アメリカ)とロジャー・フェデラー(スイス)の同17連勝を抜いて、オープン化以降では2人目の偉業。彼の上を行くのはジョコビッチで、2011年に開幕41連勝、2020年に同26連勝を記録している。

そんなナダルが準々決勝で当たるのは、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する世界132位のニック・キリオス(オーストラリア)。キリオスは、第10シードのヤニク・シナー(イタリア)が病気により棄権したことで、2017年のシンシナティ大会以来となる6度目のマスターズ大会ベスト8進出を決めた。

ナダルとキリオスは過去に8回対戦しており、ナダルの5勝3敗。そのうち一方のストレート勝利に終わったのは3試合だけと、多くがもつれる展開となってきた。ナダルも警戒しており、「彼はツアーで最もタフな対戦相手の一人だ。モチベーションがある時の彼がどんなに強いかはみんなも知っているだろう。いいチャレンジになるね」と述べている。

第7シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)は4回戦で第11シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)を7-6(5)、6-4で破り、連勝を12に伸ばした。ファーストサーブのポイント取得率は92%に上り、相手に許したブレークは1度のみ。マスターズ大会で2回準優勝を果たしているルブレフだが、これまでインディアンウェルズとは相性が悪く、3回戦より先に進めたことがなかった。

18歳の第19シード、カルロス・アルカラス(スペイン)は第26シードのガエル・モンフィス(フランス)を7-5、6-1で下し、マスターズ大会で初のベスト8。インディアンウェルズでは、1989年大会で当時17歳だったマイケル・チャン(アメリカ)以降で最年少だ。アルカラスは深くスピンの効いたショットを繰り出す一方で、ドロップショットを効果的に使い、モンフィスにほとんど自由を与えなかった。「ドロップショットは競った展開で使うと役に立つんだ」と、アルカラスは自身の戦術を振り返る。

第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)はノーシードの世界61位ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)に3-6、7-6(5)、4-6で敗れてしまい、マスターズ大会4度目の準々決勝進出とはならず。22歳のキツマノビッチは、ビッグサーバーでフォアハンドも強烈なベレッティーニに対して、バックハンドを狙う作戦が功を奏した。2019年のインディアンウェルズ大会以来、2度目のマスターズ大会ベスト8に到達している。

ベスト8の残る3人は、昨年大会でベスト4進出を果たした面々だ。連覇を狙う第12シードのキャメロン・ノリー(イギリス)は世界43位のジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)に6-2、6-4で勝利。前回ベスト4だった第20シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)と第33シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)は、第29シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)と第23シードのジョン・イズナー(アメリカ)をそれぞれ破っている。

準々決勝4カードは以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

ラファエル・ナダル(スペイン)[4] vs ニック・キリオス(オーストラリア)
カルロス・アルカラス(スペイン)[19] vs キャメロン・ノリー(イギリス)[12]
ミオミル・キツマノビッチ(セルビア) vs テイラー・フリッツ(アメリカ)[20]
アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[7] vs グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[33]

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのナダル
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダル、「今大会最高の試合」で開幕18連勝!ベスト8が決定[ATP1000 インディアンウェルズ]