ニュース News

ワウリンカとツォンガが「ATP1000 モンテカルロ」のワイルドカード獲得

2020年「ATP250ドーハ」でのワウリンカ

来月開幕する「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月10日~4月17日/クレーコート)に、グランドスラム3度優勝のスタン・ワウリンカ(スイス)と、元世界ランキング5位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場することがわかった。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じている。

今回、大会側から発表されたのは、ワイルドカードが与えられる最初の2選手。元世界3位のワウリンカは2014年大会で、キャリア初のマスターズ大会優勝を遂げた。フランスを代表する名選手の一人であるツォンガは、2016年に当時世界3位だったロジャー・フェデラー(スイス)をフルセットで倒してベスト4に進出している。

ここしばらくワウリンカは、モンテカルロ大会に出場したいと示唆していた。彼は既に「全仏オープン」(フランス・バリ/5月22日~6月5日/クレーコート)への出場は明言している。

 今月37歳になるワウリンカが最後に公式戦でプレーしたのは、昨年の3月だ。2021年の初戦となった「ATP250 メルボルン2」ではベスト8に進出したが、「全豪オープン」では2回戦で、続く「ATP500 ロッテルダム」と「ATP250 ドーハ」ではいずれも1回戦で敗退。その後3月と6月に左足の手術を受け、昨年出場したのはその4大会のみとなった。長く怪我に苦しんできたワウリンカは、昨年の初めに世界ランキングを18位まで戻していたが、今回の長期欠場で世界233位まで下がってしまった。ワウリンカはここしばらくモナコで練習に励んでおり、その姿をしばしばInstagramに投稿している。

 同い年で4月生まれのツォンガもここ数年は怪我が多く、現在のランキングは世界215位。今年は1月下旬からATPツアーとチャレンジャー合わせて5大会に出場したが、思わしい成績は残せていない。

 パワフルで見ごたえのあるテニスだけでなく、明るい人柄でも愛されている二人のベテラン選手。モンテカルロで彼ららしいプレーを見せ、活躍してくれることを期待したい。

 (WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年「ATP250ドーハ」でのワウリンカ
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ワウリンカとツォンガが「ATP1000 モンテカルロ」のワイルドカード獲得