ニュース News

大坂、ハレプらがインディアンウェルズでのエキシビション大会に出場へ

2020年「全米オープン」での大坂なおみ

テニスの元世界女王である大坂なおみ(日本/フリー)が、「ATP/WTA1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月9日~3月20日/ハードコート)に先立って同会場で開催されるエキシビション大会、「アイゼンハワーカップ」に出場することがわかった。スポーツウェブメディアSportskeedaなど複数メディアが報じている。

「アイゼンハワーカップ」は現地3月8日午後7時30分(日本時間9日午後0時30分)から、インディアンウェルズ・テニスガーデンのスタジアム2で開催予定。大坂に加えて、やはり元世界女王であるシモナ・ハレプ(ルーマニア)、世界ランキング2位のバーボラ・クレイチコバ(チェコ)、世界3位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、世界6位のマリア・サカーリ(ギリシャ)、昨年の「WTA1000 インディアンウェルズ」覇者である世界7位のパウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)、世界10位のオンス・ジャバー(チュニジア)、そして先日「WTA250 モンテレイ」を連覇したばかりの全米準優勝者レイラ・フェルナンデス(カナダ)の全部で8人が出場予定だ。

試合は10ポイントタイブレークで行われるトーナメント形式で、優勝者が一人で賞金15万ドル(約1725万円)を全て受け取る。「アイゼンハワーカップ」は2019年にも開催され、その時は男子選手8人が出場し、ラファエル・ナダル(スペイン)、スタン・ワウリンカ(スイス)、ガエル・モンフィス(フランス)、ダビド・ゴファン(ベルギー)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ドミニク・ティーム(オーストリア)、テイラー・フリッツ(アメリカ)という錚々たるメンバーの中で、優勝をさらったのはミロシュ・ラオニッチ(カナダ)だった。

チケット売り上げはすべて地域のチャリティーに寄付される。今年の開催日は「国際女性デー」と重なったので、全額が女性関連のチャリティーに寄付されることになっている。

「WTA1000 インディアンウェルズ」では2018年に思い出深いツアー初優勝を遂げている大坂。エキシビション大会でも結果を残して、本大会へはずみをつけられるだろうか。

※為替レートは2022年3月7日時点

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Al Bello/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 大坂、ハレプらがインディアンウェルズでのエキシビション大会に出場へ