ニュース News

ダニエル太郎、ズベレフ、シナーらがチームを牽引!デビスカップ注目選手

2019年「デビスカップ」でのダニエル太郎

3月4日・5日に行われる「デビスカップ・クオリファイアーズ」。シーズン終盤に開催される「デビスカップ・ファイナルズ」への進出を懸けて24ヶ国がしのぎを削ることになるが、その注目選手6人をご紹介しよう。

■ダニエル太郎(日本/エイブル)

スウェーデンとのアウェイ戦に臨む日本。錦織圭(日本/フリー)をリハビリ中のため欠くチームを牽引するのは、世界ランキング101位のダニエル太郎(日本/エイブル)だ。

「全豪オープン」の2回戦で元世界王者のアンディ・マレー(イギリス)をストレートで破り、続く3回戦では当時世界10位のヤニク・シナー(イタリア)から1セットを奪った。2月下旬に行われた「ATP500 ドバイ」では今大会のスウェーデン代表に名を連ねるエリアス・イーメル(スウェーデン)に6-1、6-4で勝利。今季、予選から出場した3大会ではすべて本戦に勝ち進んでおり、ここまで11勝4敗と、好調な滑り出しを見せている。

2014年大会で「デビスカップ」デビューを飾ったダニエルはこれまで6大会に参戦し、シングルスでは6勝6敗の五分だが、3連勝中だ。先週の金曜から、チームとともにスウェーデン戦に向けて準備を進めているというダニエル。2019年大会以来2度目のファイナルズ進出へと日本を導くことができるだろうか。

■アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

今大会で注目を集めているのが、戻ってきたアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)。2019年の大会フォーマット変更を批判した彼は以降の試合に参加していなかったが、先月の「ATP500 アカプルコ」で判定に納得できずに主審に罵声を浴びせ、その椅子を何度もラケットで殴ったことにより失格処分となった後、「デビスカップ」へ復帰することを発表した。

2016年大会が初出場だったズベレフの「デビスカップ」での戦績は、シングルスが6勝4敗、ダブルスは0勝1敗。2018年大会でラファエル・ナダル(スペイン)に敗れたが、その後は2連勝を収めている。

これまで3度優勝しているドイツは、前回大会でズベレフを欠きながらもベスト4進出。そこに世界3位のズベレフが加わることでどれだけチーム力がアップするのか、気になるところだ。ドイツはクオリファイアーズではブラジルと敵地のクレーコートで対戦する。

■ヤニク・シナー(イタリア)

世界7位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が欠場することで、イタリアナンバー1選手として出場することになったシナー。20歳の彼はこれが2回目の出場と経験はまだ浅いものの、2021年大会ではシングルス3戦3勝でチームのベスト8進出に貢献。今年初めに行われた「ATPカップ」でもチームはグループステージ敗退に終わったが、彼自身はシングルス3試合すべてでストレート勝利を収めた。

これまでダブルスでペアを組んでいたファビオ・フォニーニ(イタリア)も今回負傷でプレーできないため、シナーへかかる負担はさらに増すことが予想される。とはいえ、クオリファイアーズのスロバキア戦が行われるのは、彼が得意とする室内ハードコート。これまで3つのツアータイトルを獲得したサーフェスで、イタリアを3大会連続のファイナルズに連れていけるか。

■キャスパー・ルード(ノルウェー)

「デビスカップ」におけるノルウェーのこれまでの最高成績は1995年大会のワールドグループ・プレーオフ敗退。今回カザフスタンを破ればファイナルズ初出場となるチームを率いるのは世界8位のキャスパー・ルード(ノルウェー)だ。

ルードは16歳だった2015年大会から出場している「デビスカップ」でシングルスでは通算16勝3敗、ダブルスでは4勝5敗。昨季のツアーでは57勝とキャリアハイを大きく更新した。これまで獲得した7タイトルのうち6つがクレーコートの大会であるようにクレーに強いことで知られるが、昨年秋にハードコートで初優勝を飾るなど、少しずつプレーの幅を広げてきている。室内ハードコートでの対戦でどこまで強さを見せられるか注目だ。

■カルロス・アルカラス(スペイン)

2000年以降に6度の優勝と2度の準優勝を果たしているスペイン。昨年はナダルに加えて2番手のロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)も開幕直前に怪我で離脱し、ロシアに僅差で敗れてベスト8進出を逃した。しかし、今回のチームは5選手全員が世界トップ50に入っており、大会屈指の陣容を誇る。

これが「デビスカップ」初出場となる18歳のカルロス・アルカラス(スペイン)は、現在キャリアハイの世界19位。同国の先輩ナダルらビッグ3をもしのぐスピードで成長を続けている。先月の「ATP500 リオデジャネイロ」で優勝するなどクレーを得意としており、自国のクレーコートで対戦するルーマニア相手にも堂々としたプレーを披露してくれることが期待される。

■テイラー・フリッツ(アメリカ)

世界20位のテイラー・フリッツ(アメリカ)は、「デビスカップ」で最多優勝(32回)を誇るアメリカのエース。昨季あたりからいい成績を残せるようになり、今季は1番手として臨んだ「ATPカップ」でフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)とキャメロン・ノリー(イギリス)に勝利、「全豪オープン」では世界4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)相手にフルセットを戦った。

「デビスカップ」出場はこれが3回目で、シングルスで2勝1敗。2019年大会ではベレッティーニに逆転勝利を飾っている。

ともに3大会連続のファイナルズ出場を目指すクオリファイアーズの相手コロンビアは、ダブルス世界9位のペアを擁する。そのため、アメリカにとってはフリッツらがシングルスでいい成績を収められるか否かが勝負の分かれ目となりそうだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「デビスカップ」でのダニエル太郎
(Photo by Shi Tang/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ダニエル太郎、ズベレフ、シナーらがチームを牽引!デビスカップ注目選手