ニュース News

メドベージェフ、世界1位到達について語る

「ATP500 アカプルコ」でのメドベージェフ

2月28日、ATPランキングで世界1位に到達した27人目の選手となったダニール・メドベージェフ(ロシア)。彼のコメントをATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

26歳のメドベージェフは、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)というビッグ4以外の選手としては、2004年2月1日のアンディ・ロディック(アメリカ)以来、18年3週間と6日ぶりに世界1位の選手となった。メドベージェフは「全米オープン」と「Nitto ATPファイナルズ」で1回ずつ優勝、さらにマスターズ1000大会を4回制するなど通算13個のタイトルを獲得しており、この度、ついに世界王者という勲章も手に入れた。

6歳で初めてラケットを握った時から大きな夢を抱いてきたメドベージェフは、「若いうちは不可能だと思うからこそ、それを夢見るんだ」と、まだ世界1位が確定していなかった先週の「ATP500 アカプルコ」1回戦後に話していた。「それが手の届くところにまで近づいてくるにつれて、夢見ることが少なくなり、実現するための努力を重ねていくようになる。いつの間にか夢ではなくて目標になっているんだ」

これまでメドベージェフはその目標に向かって着々と歩みを進めてきた。ジュニア大会での活躍を経てプロに転向したのは2014年。その後、20歳だった2016年11月に初めてトップ100に入り、2017年7月にトップ50、2018年10月にトップ20、2019年7月にトップ10に辿り着いた。エリートクラスの仲間入りを果たしたのは2019年シーズンの後半。ツアーがハードコートのシーズンに入ると、メドベージェフは10週間の間に驚異的なレベルに達した。「ATP1000 モントリオール」の決勝でナダルに敗れるも、翌週の「ATP1000 シンシナティ」では準決勝でジョコビッチをフルセットの末に退けて見事優勝するなど、3つのタイトルを獲得。29勝3敗の成績を収め、ランキングはキャリアハイの世界4位に。

好調だったこの期間に「全米オープン」で初めてグランドスラムの決勝に進出。最後はナダルを相手に最初の2セットを奪われながらもフルセットに持ち込んだが、敗れている。その時の表彰式についてメドベージェフは、「(会場の)スクリーンを見ていたら1個目、2個目…19個目って表示されていたんだ」とナダルの19個目のグランドスラムタイトルを称える動画が流れていたことを回想する。「もし僕が勝ったら、どんな動画を流すんだろうって考えていたよ」

今となってはメドベージェフの名シーンは数え切れないほどあり、動画制作者はどれを選べばいいかの取捨選択に悩むことだろう。

2021年3月に初めて2位となってから11ヶ月、ジョコビッチの背中を追い続けてきたメドベージェフはようやく世界の頂点に立った。これはメドベージェフ個人にとってだけでなく、ATPツアーという大きな枠組みで見ても、ビッグ4による支配に終止符を打った歴史的快挙と言える。マレーは「若い世代が大きな大会でもっと勝ち始めて、ランキングの上位を占めるようになることを誰もが待っていたようなところがある。ダニールは間違いなく世界1位にふさわしい選手だ」とコメントしている。

メドベージェフ自身もトップの座を射止める前からマレーの言っていることを感じていたようだ。「僕たち(若い世代)はみんな、ビッグ4以外の世界王者という称号を最初に手にし、できるだけ長くその座にいたいと思っている。そのような大きな壁のいくつかを初めて破るということは、この世代全体にとってとてもポジティブなことだと思う」

それまで79週連続、通算361週にわたってトップに君臨していたジョコビッチと入れ替わったのがメドベージェフというのは興味深い。2021年の「全米オープン」決勝で年間グランドスラム達成を目指していたジョコビッチを破ってグランドスラム初優勝を果たしたメドベージェフは、その試合後ジョコビッチに向けて「僕にとってはあなたこそがテニスの歴史上最も偉大な選手だ」と賛辞を贈っていた。

ジョコビッチもメドベージェフへの賛辞を惜しまず、メドベージェフが世界1位になったら「真っ先に祝福する」と語っていた。実際、「ATP500 ドバイ」で準々決勝敗退となって世界1位陥落が決まった直後、「世界1位となるダニールにおめでとうを言うよ。彼はそれにふさわしい」とTwitterで綴っている。

世界王者となったメドベージェフは、「もちろん、1位になれたことは嬉しいよ。ずっと前からの目標だったし、特に最近はそれを意識していた。ほかのテニス選手たちを含めて多くの人々が祝福のメッセージを送ってくれた。サポートしてくれたみんなに感謝している」と話す。その一方で、「これまでの365日、僕がいい仕事をしてきた結果だ」といつもと変わらぬ淡々とした様子も見せている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP500 アカプルコ」でのメドベージェフ
(Photo by Hector Vivas/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. メドベージェフ、世界1位到達について語る