ニュース News

15連勝のナダルがシーズン3冠目!自己記録を更新[ATP500 アカプルコ]

「ATP500 アカプルコ」でのナダル

「ATP500 アカプルコ」(メキシコ・アカプルコ/2月21日~2月26日/ハードコート)の決勝で、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第6シードのキャメロン・ノリー(イギリス)に6-4、6-4で勝利。シーズン開幕からの連勝を15に伸ばし、シーズン3冠目を手にした。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

第1セットでのナダルはファーストサーブの確率89%、そのポイント取得率79%などとサービスゲームで高い数字を記録し、ノリーに一度もブレークポイントを与えず。第5ゲームで掴んだ唯一のチャンスをモノにしてセットを先取する。サービスゲームの精度がやや落ちた第2セットでは開始早々にブレークしたものの、直後にブレークバックされる。それでも第4ゲームから4ゲームを連取し、ストレート勝ちを収めた。

これで決勝11連勝のナダルは、「ATP250 メルボルン」「全豪オープン」と合わせてシーズン3冠目。通算91個目のタイトルを手にしている。また、アカプルコ大会では2005年・2013年・2020年に続いて4度目の優勝。同大会の最年少・最年長優勝記録を持っているが、後者を今回自ら更新した。

「いつだってここはとても特別な場所だね。メキシコの人々がもたらしてくれるエネルギーはすごく独特なんだ。大切なタイトルを獲ることができて最高の気分だよ。初めてここに来た時は、すべてが新鮮だった。でも今では、18歳だった時と比べてそれぞれの勝利をよりありがたく思うようになるんだ」

ナダルはまた、自身最高の滑り出しを見せていることについて「シーズン当初は、こんなことは想像できなかった。1ヶ月半前までは誰もこうなるとは信じていなかったと思う」と述べている。

一方ノリーは、先週の「ATP250 デルレイビーチ」に続く2週連続優勝を目指していたが、連勝は8でストップ。「今週はずっといいレベルでプレーできたと思う。だけど今日は彼が重要な局面で強すぎたね。何も与えてもらえなかった。そこが違いを生んだと思う」と試合をふり返っている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP500 アカプルコ」でのナダル
(Photo by Hector Vivas/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 15連勝のナダルがシーズン3冠目!自己記録を更新[ATP500 アカプルコ]