ニュース News

錦織が無人島に連れて行く選手とは?スター選手たちが回答!

2018年「全米オープン」での錦織

「無人島に1人の男子テニス選手、1つの食べ物、1つの贅沢品を持って行けるとしたら?」というテーマのインタビュー動画がTennis TVによって公開された。錦織圭(日本/フリー)をはじめ、世界2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)や世界10位のヤニク・シナー(イタリア)などが続々と回答している。

最初に無人島に連れて行きたい選手について聞かれると、錦織はラファエル・ナダル(スペイン)の名を挙げ、「彼は強いからね。ツアーの時もメンタル面で一番強い。だから無人島でもタフになれると思う」と理由を述べた。同じようにナダルと答えたのはメドベージェフとシナー。メドベージェフは「生き残るために助けてくれる人を連れて行かなきゃ。だからメンタル面が強そうなラファを選ぶよ。彼はどんな環境にも適応できるからね。彼が僕と一緒で嬉しいかは分からないけど、僕は彼を連れて行けたら嬉しいよ(笑)」と語った。シナーは当初、一緒にいるとリラックスできるという理由でダビド・ゴファン(ベルギー)を選ぶも「やっぱりラファにする。彼はテニス界で最高の選手だから色々学べる」と回答を変更した。

ナダルの次に人気が高かったのは、アレックス・デミノー(オーストラリア)とセバスチャン・コルダ(アメリカ)から選ばれたフランシス・ティアフォー(アメリカ)。 デミノーは「彼といたらすごく楽しそう」と述べ、コルダは「彼は本当に面白い人。一緒にいて退屈しないね」 と語り、その陽気な人柄が評価された形だ。

続いて食べ物に関して錦織は「お気に入りの食べ物という訳ではないけど、デーツ(ナツメヤシ)を持って行くかな。ビタミンがたくさん含まれているから」と健康面を重視。一番人気だった食べ物は、ドミニク・ティーム(オーストリア)とメドベージェフとシナーが選んだパスタ。ちなみに日本食を挙げたのはアンドレイ・ルブレフ(ロシア)で、寿司と答えている。

最後に、錦織が選んだ贅沢品はソファ。「歩いたり立ったりするのが嫌いだから(笑)ただ座っていたい。すごく怠け者なんだ。たくさん歩くと背中が痛くなるからソファを選ぶよ」と冗談交じりに語った。最も多かった回答は、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)とディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)が選んだ腕時計。無人島にいるのになぜ時計が必要なのかという質問に対しては、 シュワルツマンが「その日のスケジュールを決めるためだ。ルーティンを持つことは大切だと思う」と説明。船と回答したのは、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とメドベージェフ。メドベージェフは「船は贅沢品だし、無人島から抜け出すのを助けてくれるから」と笑いながら答えた。選手たちの関係性やそれぞれの性格が垣間見られた面白いインタビューとなった。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2018年「全米オープン」での錦織
(Photo by TPN/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 錦織が無人島に連れて行く選手とは?スター選手たちが回答!