ニュース News

デル ポトロが復帰戦に敗れる。コートで涙を流す場面も[ATP250 ブエノスアイレス]

「ATP250 ブエノスアイレス」でのデル ポトロ

元「全米オープン」チャンピオンのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が、2年半ぶりの復帰を果たした。「ATP250 ブエノスアイレス」(アルゼンチン・ブエノスアイレス/2月7日~2月13日/クレーコート)1回戦で第6シードの世界ランキング42位フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)と対戦し、1-6、3-6で敗れている。

20歳で出場した2009年の「全米オープン」でラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)らを破ってグランドスラム初優勝を飾り、2018年には世界ランキング3位に到達したデル ポトロ。2012年の「ロンドンオリンピック」で銅メダルを、2016年の「リオデジャネイロオリンピック」では銀メダルを獲得した。だが2019年6月の「ATP500 ロンドン」で右膝を痛め、その後4度にわたって同箇所を手術していた。

キャリアを通じて何度も怪我に苦しんできたデル ポトロは、2011年と2016年の2度、ATPの「カムバック賞」を受賞している。しかし、先週行った記者会見で今回の怪我は完治していないと明かし、現役引退が近いことを示唆していた。

現地8日、デル ポトロはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した「ATP250 ブエノスアイレス」でスタンドを埋め尽くした観客から大歓声で迎えられる。右膝にはバンテージをしているが、笑顔で会場に登場すると、コートに出た時は観客が贈る歌に合わせて軽くステップを踏んだ。同世代で長年の友人である対戦相手のデルボニスにも笑顔で言葉をかける。

会場には、「デビスカップ」のアルゼンチン代表キャプテンであるテニスレジェンドのギジェルモ・コリアが来場。デル ポトロのチームスタッフのほか、デル ポトロのプロキャリアを通じて初めて母親がスタンドに駆けつけた。選手では、ブノワ・ペール(フランス)の姿も見られた。

試合はデルボニスのサーブで開始。相手のショットがアウトになって最初のポイントがデル ポトロに入ると歓声が上がった。第1ゲームでデルボニスが落としたドロップショットには間に合わず。しかし相手のミスショットが続いてブレークチャンスを掴み、最後は相手のショットがネットにかかってデル ポトロが早速ブレークに成功する。

だが第2ゲームでデル ポトロもミスショットを連発してしまい、ブレークバックされて1-1に。第3ゲーム、再びデルボニスがドロップショットを繰り出すも、デル ポトロはまったく追わない。第4ゲーム、相手のドロップショットを今度は拾うと、そこからネット際でのショットの応酬となり、最後はデル ポトロが決めて会場を沸かせる。しかしここでもブレークチャンスを与えてしまい、フォアハンドがわずかにアウトとなって1-3。

デル ポトロは2年半以上の実戦となるため試合勘がなかなか戻らないようで、第2ゲーム中には相手のショットを空振りする場面も見られた。それでも徐々に調子を上げ、序盤はバックハンドを使う場面が目立ったが、第5・第6ゲームではフォアハンドでウィナーを決めている。

だが第6ゲーム、再び相手にブレークチャンス。続くポイントでバックハンドのショットがアウトとなり、5ゲーム連取されて1-5に。デルボニスのサービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームでのデル ポトロはほとんどボールを追わず、相手がラブゲームで取り、32分で第1セットを先取した。

第2セット第1ゲーム、デル ポトロはゲームポイントを得ると、続くポイントでこの日最初のサービスエースをセンターに決め、サービスキープに成功。このセットは互いにサービスゲームをキープし合う展開となり、デル ポトロは第5ゲームでドロップショットを前に出て拾ってポイントを手にした時はガッツポーズを見せた。第6ゲームでドロップショットを拾ったショットがネットをわずかに越えなかった時は苦笑してもいる。

3-3で迎えた第7ゲーム、デル ポトロは0-40のピンチを迎える。サーブまで時間がかかったとしてタイムバイオレーションを取られる場面もあったが、ラリー戦を制してデュースとする。しかし、2度あったゲームポイントでいずれもドロップショットが決まらず、デルボニスの6度目のブレークチャンスでデル ポトロのバックハンドがアウトになり、3-4のビハインドに。

その後、3-5で迎えた第9ゲーム、サービスゲームに臨むデル ポトロは感情が込み上げて涙をこぼす。タオルを顔に当てる彼に向けて会場から大きな拍手と歓声が贈られた。試合が再開されると、最後まで勝負に徹する相手がまたもやドロップショットを繰り出し、観客からブーイングが起こる一幕もあった。デル ポトロのショットがネットに引っかかり、15-40で相手に2つのマッチポイント。1つ目は相手のショットがわずかにアウトになったが、2つ目でデル ポトロのショットが大きく外れ、試合終了。

試合後、ネット際でデルボニスとハグをしたデル ポトロには会場からあらためて大きな拍手と声援が贈られている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP250 ブエノスアイレス」でのデル ポトロ
(Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. デル ポトロが復帰戦に敗れる。コートで涙を流す場面も[ATP250 ブエノスアイレス]