ニュース News

24歳ブブリク、5度目の決勝進出でズベレフ破り初優勝[ATP250 モンペリエ]

2019年「デビスカップ」決勝ラウンドでのブブリク

先週開催された「ATP250 モンペリエ」決勝で、24歳のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が、世界ランキング3位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-4、6-3のストレートで破ってツアー初優勝を遂げた。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

ブブリクは試合の最初から持ち前の強打と絶妙なボールタッチを組み合わせたダイナミックなプレーを見せ、70分で勝負をつけた。トップ5選手からの勝利は、これが初めてだった。試合後、ブブリクは語った。

「これまで4度、決勝に進出したけど、5度目でサーシャ(ズベレフの愛称)のような素晴らしい選手に勝つことができた。素晴らしいよ。すべてのことがかみ合った。サーブもリターンも良くて、プレッシャーにも負けなかった。ラッキーだった面もあるし、チャンスがあるとそれを生かすことができた」

8本のサービスエースを決め、ファーストサーブでのポイント取得率が86%に上ったブブリクは、これでズベレフとの対戦成績を2勝0敗とした。ブブリクは昨年のロッテルダムでもズベレフを破っている。先週世界35位だったブブリクは、今回の優勝でキャリアハイの世界31位に浮上。今大会第6シードのブブリクは、第1シードだったズベレフの他に第2シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)や、第5シードのフィリップ・クライノビッチ(セルビア)らを倒している。

2021年にブブリクは自己最多となる35勝を挙げ、アンタルヤとシンガポールの2大会で準優勝。2022年もここまで6勝2敗と、好調は続いている。一方、最後に出場した2017年にモンペリエで優勝していたズベレフは、通算20個目のタイトル獲得を目指していたが叶わなかった。

過去4回の決勝で勝てなかった経験が今回の勝利に役立ったかと聞かれて、ブブリクはこう答えた。「多く経験を積むほど、対処するのは楽になる。もちろん、4回も経験していたから、自分に言い聞かせることができた、“結果がどうなろうと、受け入れる”って。そう思ってこの試合に臨んだ」

強烈なサーブやストロークにアンダーサーブやドロップショットを組み合わせる、コート上では「エンターテイニングでダイナミック」なブブリクは、コート外ではどんな性格なのかと聞かれると、「のんびり気楽に、哲学的に生きてるよ。コート上でも同じ。試合中にすごいショットを打つところだけ見ているのかもしれないけど、それは僕のプレーの一部で、人生の一部じゃない。コメディアンの実際の人生が悲しかったりすることがある。僕の人生は悲しいわけじゃないけど、コート上のアレクサンダー・ブブリクとコートを離れたアレクサンダー・ブブリクは、また別なんだ」と答えた。

そして自然が好きで、アルプスを訪れることを好むというブブリクは、将来はゆっくり休みたいそうだ。「自然が好きだよ。ロシアの湖の傍の森の中に家を持っているんだ。湖の傍で過ごして、寝たり休息したり、何もしないのが好きだ。将来の計画は、ゆっくり休むことだよ」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「デビスカップ」決勝ラウンドでのブブリク
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 24歳ブブリク、5度目の決勝進出でズベレフ破り初優勝[ATP250 モンペリエ]