ニュース News

ティームはインディアンウェルズ大会で復帰予定

2019年「Nitto ATPファイナルズ」でのティーム

先日、新たな怪我により「ATP250 コルドバ」(アルゼンチン・コルドバ/1月31日~2月6日/クレーコート)での復帰を取り止めていた元世界ランキング3位のドミニク・ティーム(オーストリア)。彼が、今後のスケジュールについて明かした。米スポーツメディア ESPNなど複数のメディアが報じている。

昨年6月の「ATP250 マヨルカ」で手首を痛めて以来、離脱しているティーム。昨年末に「全豪オープン」欠場を発表した際、今年2月のクレーコート大会で戻ってきたいとの意向を示していた。しかしこの度、「ATP250 コルドバ」に続いて南米のクレーコートで行われる3大会、「ATP250 ブエノスアイレス」「ATP500 リオデジャネイロ」「ATP250 サンティアゴ」も欠場することを表明。3月10日開幕のハードコートの大会、「ATP1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月10日~3月20日/ハードコート)で復帰する予定だという。

ティームは現地3日、「ウィーンでのトレーニングはうまくいって、手首は完全に回復したよ。ただ、不運なことにちょっとした怪我をしてしまって、トレーニングを中断しなければならなくなった。7ヶ月ぶりに復帰するのは決してたやすいことじゃないんだ。医師のアドバイスに従ってここ数日は休息を取り、来週からまたトレーニングを再開するつもりだよ。カムバックするためには、コートでまとまった時間を過ごすことが必要なんだ」と説明している。

なかなか復帰できないティームだが、束の間の休息を楽しんでいるようだ。コルドバの大会には出られなかったものの、サッカー好きなことで知られる彼は、同地にある1978年のアルゼンチン・ワールドカップで使われたサッカースタジアムを訪問。その場所でオーストリアが西ドイツを下したため、「オーストリア人、特に僕のようなサッカーファンにとって、コルドバはとても特別な場所」とのことで、仲の良い世界14位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)とそのピッチでサッカーをしたりミュージアムを見る様子をInstagramに投稿している。

プロ入り後、最も長い離脱となっているティーム。慎重にリカバリーを進める彼が、復帰した暁には再び力強いプレーを見せてくれることを期待したい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「Nitto ATPファイナルズ」でのティーム
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ティームはインディアンウェルズ大会で復帰予定