ニュース News

メンタル問題についてセレナとハリー王子が対談へ

2016年のイベントで共演したセレナ(右)とのちのメーガン妃(左)

元世界女王のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、メンタルの問題についてヘンリー王子と対談することがわかった。米ニュースサイト Hola!など複数のメディアが報じている。

メーガン妃と長年親しい友人であり、ロイヤルウェディングにも招待されていたセレナは、ヘンリー王子が最高インパクト責任者を務めるBetterUp社が主催するオンラインのディスカッションに参加することになった。

2013年に設立され、アメリカとヨーロッパに複数の拠点を持つ同社は、世界トップクラスのコーチング、AI技術、行動科学の専門家を結集させ、企業の従業員にメンタルヘルス面でのサポートを提供している。ヘンリー王子は昨年3月に同職に就任した際、目標として「メンタルヘルスに関する重要な話し合いを活性化させ、サポート力と思いやりのあるコミュニティを構築し、非難されやすい内容も正直に話せる環境を作り上げること。人々が内なる強さ、回復力、自信を身につける手助けをすること」を挙げていた。

23回のグランドスラム優勝を誇るセレナはBetterUp社の第1回「インナーワーク・デイ」の一環として、「インナーワークを徹底して行うことで精神的な強さを養う」ことについて、ヘンリー王子、同社CEOのAlexi Robichaux氏と対談するとのことだ。イベント告知ページによれば3人は、人々に最高の達成感を与えることを目的とした会社や基金の設立や、課題に取り組むこと、仕事の内外で成功を収めることなどについてそれぞれが持つ視点や体験談を語り合うという。対談は現地2月3日の東部時間16時15分から始まり、参加は無料となっている。

テニス界のスター選手のほかに妻、母親、起業家、投資家といった様々な顔を持つセレナは、ファッションブランドの立ち上げやドキュメンタリー番組への出演、愛娘のオリンピアちゃんが遊んでいる黒人の人形カイカイの商業化にも関わるなど、活動の場は多岐にわたる。最近ではサッカーやバスケットボールのプロ選手にも人気のあるNFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)業界にも進出している。

一方でセレナは昨年の「ウィンブルドン」の初戦でハムストリングを痛めて以来、ツアーからは遠ざかっており、グランドスラムの優勝回数で歴代最多24回のマーガレット・コート(オーストラリア)の記録まであと1回に迫っているが、復帰のタイミングは明らかになっていない。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2016年のイベントで共演したセレナ(右)とのちのメーガン妃(左)
(Photo by Kevin Mazur/Getty Images for DirecTV)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. メンタル問題についてセレナとハリー王子が対談へ