ニュース News

世界ランキング、大坂は85位へと大きくダウン。全豪準優勝コリンズが初のトップ10入り

2021年「WTA1000 マドリード」での大坂なおみ

WTA(女子テニス協会)は1月31日、最新の世界ランキングを公表。大坂なおみ(日本/フリー)は14位から85位へと大きく順位を下げた。

世界ランキングは、集計日から52週間以内に出場した大会のうち、上位16大会での成績を反映して作られる。そのため、「全豪オープン」ディフェンディングチャンピオンの大坂は、今回3回戦敗退に終わったことでランキングポイントが1,870ポイント減少。80位を下回るのは2016年8月以来となる。

悲願の「全豪オープン」初優勝を遂げたアシュリー・バーティ(オーストラリア)は、首位をキープしポイントを7,111から8,331へと大きく伸ばした。準優勝のダニエル・コリンズ(アメリカ)は初のトップ10入り(10位)。30位から20ものランクアップを果たした。ベスト4入りのイガ・シフィオンテク(ポーランド)とマディソン・キーズ(アメリカ)はお互いに順位を伸ばし、前者は5上げキャリアハイに並ぶ4位、後者は23上げ28位となった。

ベスト8勢に目を向けると、バーボラ・クレイチコバ(チェコ)が順位を1上げ3位に返り咲く。ジェシカ・ペグラ(アメリカ)は順位を5上げ、キャリアハイをそれまでの18位から16位に更新。グランドスラムで初めて準々決勝に進出したアリゼ・コルネ(フランス)は順位を24上げ37位に。また、世界2位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)や元世界女王のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を破る番狂わせを起こしたカイア・カネピ(エストニア)は115位から63位へと急浮上。

一方、2回戦敗退のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)とアネット・コンタベイト(エストニア)は順位を下げ、前者は3位から7位、後者は7位から9位。1回戦敗退となった2020年「全豪オープン」女王ソフィア・ケニン(アメリカ)は、順位を13位から95位へと大きく落とした。また、怪我により欠場したジェニファー・ブレイディ(アメリカ)も、前回大会の準優勝で得たポイントを失ったことから順位を28位から110位へと大幅に下げている。昨年の「全米オープン」決勝で10代対決を繰り広げた二人、エマ・ラドゥカヌ(イギリス)とレイラ・フェルナンデス(カナダ)は今回そろって早期敗退となったが、2回戦敗退の前者は5上げて13位、1回戦敗退の後者は3上げて21位と、それぞれキャリアハイを更新している。

日本人選手では、1回戦敗退となった土居美咲(日本/ミキハウス)が、その後アメリカで行われたITF大会で2回戦へ勝ち進み、順位を3上げて72位に。大坂を抜いて日本のナンバー1選手となっている。同じく全豪1回戦敗退の日比野菜緒(日本/ブラス)は11下げての136位に。「全豪オープン」予選敗退に終わった本玉真唯(日本/島津製作所)と奈良くるみ(日本/安藤証券)は、予選3回戦まで勝ち進んだ前者は順位を9上げ138位、予選1回戦で姿を消した後者は順位を8下げ194位となった。

「全豪オープン」ベスト4入りを果たしたダブルスの青山修子(日本/近藤乳業)と柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)は、6位からそれぞれのキャリアハイとなる5位に返り咲き。4位のエリース・メルテンス(ベルギー)との差を2,270ポイントから700ポイントへと縮めている。

◇   ◇   ◇

【1月31日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) アシュリー・バーティ(オーストラリア) 8,331
2. ← (2) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 5,698
3. ↑ (4) バーボラ・クレイチコバ(チェコ) 5,533
4. ↑ (9) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 4,456
5. ← (5) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 4,452
6. ← (6) パウラ・バドーサ ジベルト(スペイン) 4,429
7. ↓ (3) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 4,195
8. ← (8) マリア・サカーリ(ギリシャ) 4,071
9. ↓ (7) アネット・コンタベイト(エストニア) 3,871
10. ↑ (30) ダニエル・コリンズ(アメリカ) 3,071
11. ↓ (10) オンス・ジャバー(チュニジア) 3,070
12. ← (12) エレナ・リバキナ(カザフスタン) 2,705
13. ↑ (18) エマ・ラドゥカヌ(イギリス) 2,664
14. ↓ (11) アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア) 2,638
15. ↑ (17) エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 2,531
16. ↑ (21) ジェシカ・ペグラ(アメリカ) 2,474
17. ↓ (16) ココ・ガウフ(アメリカ) 2,425
18. ↑ (25) ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ) 2,396
19. ↑ (22) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,355
20. ← (20) アンジェリック・ケルバー(ドイツ) 2,287
------------------------

21. ↑ (24) レイラ・フェルナンデス(カナダ) 2,249

28. ↑ (51) マディソン・キーズ(アメリカ) 1,803

37. ↑ (61) アリゼ・コルネ(フランス) 1,410

63. ↑ (115) カイア・カネピ(エストニア) 973

72. ↑ (75) 土居美咲(日本/ミキハウス) 926

85. ↓ (14) 大坂なおみ(日本/フリー) 826

95. ↓ (13) ソフィア・ケニン(アメリカ) 771

110. ↓ (28) ジェニファー・ブレイディ(アメリカ) 653

136. ↓ (125) 日比野菜緒(日本/ブラス) 518

138. ↑ (147) 本玉真唯(日本/島津製作所) 506

194. ↓ (186) 奈良くるみ(日本/安藤証券) 350

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「WTA1000 マドリード」での大坂なおみ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 世界ランキング、大坂は85位へと大きくダウン。全豪準優勝コリンズが初のトップ10入り