ニュース News

西岡がチャレンジャー大会優勝「少しずつ自信を取り戻していきたい」

2021年「ATP1000 インディアンウェルズ」での西岡

先週行われたチャレンジャー大会で、西岡良仁(日本/ミキハウス)が優勝した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

西岡は、「全豪オープン」で世界ランキング124位のラドゥ・アルボット(モルドバ)に1回戦敗退を喫した後、アメリカのオハイオ州コロンバスで行われたチャレンジャー大会に第3シードとして出場。1回戦では予選を勝ち上がってきた世界265位の綿貫陽介(日本/フリー)に6-4、6-4で勝利。その後も世界210位のジェフリー ジョン・ウルフ(アメリカ)、第6シードで世界153位のエミリオ・ゴメス(エクアドル)、第1シードで世界58位のジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)を破って決勝に進出。

最後は、第2シードのテニス・サングレン(アメリカ)、第4シードのユーリ・ロディオノフ(オーストリア)らを破ってきたダークホース、世界241位のドミニク ステファン・ストリッカー(スイス)と対戦。2020年「全仏オープン」ジュニアの男子シングルス、ダブルスで2冠を達成した19歳選手が得た3度のチャンスをすべてしのいだ一方、自分は3度のブレークに成功して6-2、6-4のストレート勝ち。

チャレンジャー大会での優勝は、2018年5月に韓国の金泉で行われた大会以来、約3年半ぶり6度目。西岡はTwitterに優勝プレートを持った自身の写真を投稿。「久しぶりのチャレンジャー優勝/少しずつ自信取り戻していきたいです。次はクリーブランドチャレンジャーです。引き続きがんばります!」と喜びを示している。

なお、このコロンバス大会には西岡と綿貫のほかにも日本勢が参加。世界266位の添田豪(日本/GODAI)は2回戦敗退、世界201位の内山靖崇(日本/積水化学工業)は1回戦敗退、世界263位の内田海智(日本/富士薬品)は予選1回戦で姿を消していた。

西岡は、今週は本人が話していたように、オハイオ州クリーブランドで開催されるチャレンジャー大会に第3シードとして参戦する。1回戦の相手は世界266位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)だ。内山は予選勝者との対戦となる。内田と添田は予選1回戦で敗退したが、第2シードの綿貫は現在予選2回戦に勝ち進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「ATP1000 インディアンウェルズ」での西岡
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 西岡がチャレンジャー大会優勝「少しずつ自信を取り戻していきたい」