ニュース News

【速報】世界女王バーティ、悲願の全豪オープン初優勝![全豪オープン決勝]

「全豪オープン」でのバーティ

現地29日に行われている「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)の女子シングルス決勝で、第1シードの世界女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)が、第27シードで世界ランキング30位のダニエル・コリンズ(アメリカ)と対戦。バーティが6-3、7-6(2)で勝利し、悲願の「全豪オープン」初優勝を遂げた。試合時間は1時間27分。

第2セットはコリンズのサーブでスタート。最初のポイントをバーティが取り、流れは完全にバーティかと見えたが、コリンズはこのゲームをキープ。すると第2ゲームで2度のブレークチャンスを得ると、コリンズが厳しいショットを決めてブレークに成功、2-0とリードを奪う。

第3ゲームではバーティが2度のブレークチャンスを掴んで激しい攻防が続くが、コリンズが粘ってブレークを許さない。要所でショットが決まるたびに雄叫びを上げるコリンズ。第4ゲームはラブゲームでキープしたバーティだったが、第6ゲームでダブルフォールトやミスもあり、再びブレークされて第7ゲームが5-1でコリンズのサービング・フォー・ザ・セットとなる。

第7ゲーム、バーティはミスもあり苦しむが、何とかブレークバックして2-5とする。2度目のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲーム、バーティの攻めが厳しさを増して2つ目のブレークを返し、4-5とする。コリンズは観客のタイミングの悪い歓声に苛立ちを見せ、主審に抗議。

5-5と追いついた第11ゲームでバーティは何度も得意のバックハンドスライスを見せるが、これまでの相手のようにコリンズからミスを引き出すことができない。第11・12ゲームを互いがキープし、第2セットはタイブレークに突入する。

まずバーティがコリンズのサーブをミニブレーク。サービスポイントとフォアの逆クロスを決めて、バーティが3-0とし、さらにラリーを支配してミニブレークを奪い4-0とリードする。そして6-2で迎えたマッチポイントでバーティは見事なクロスのパッシングショットを決め、初めての「全豪オープン」の栄冠を掴み、両のこぶしを握りしめて雄叫びをあげた。

「全豪オープン」女子シングルスでの地元オーストラリア選手の優勝は、1978年のクリス・オニール以来44年ぶりとなる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのバーティ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】世界女王バーティ、悲願の全豪オープン初優勝![全豪オープン決勝]