ニュース News

【速報】青山/柴原ペア、グランドスラム初の決勝進出ならず[全豪オープン]

「全豪オープン」での青山(右)と柴原(左)

現地27日に行われた「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)の女子ダブルス準決勝で、第2シードの青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアが、Anna Danilina(カザフスタン)/ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)ペアと対戦。青山/柴原ペアが4-6、7-5、4-6で敗れ、グランドスラム初の決勝進出とはならなかった。試合時間は2時間18分。

2021年の「ウィンブルドン」に続く2度目の準決勝に臨んだ青山/柴原ペア。第1セットでは第3ゲームで先にブレークされるも直後に取り返した。だが、第8ゲームで3度あったチャンスを逃すと、続くサービスゲームを落としてしまい、そのまま4-6でこのセットを失った。

第2セット、前のセットと同じく第3ゲームで先にブレークを許してしまう。その第1セットと違って直後のブレークバックはならず、1ブレークダウンのまま第9ゲームで相手にマッチポイントを握られるが、青山/柴原ペアはなんとかサービスキープして望みをつなぐ。そこから粘りを見せて4ゲームを連取し、7-5でこのセットを取った。

第3セットも柴原のサーブからスタート。そして今回も、第3ゲームで先にブレークされてしまう。

第5ゲームをラブゲームでキープした青山/柴原ペアは、続く相手のサービスゲームで青山のスマッシュ、ボレーなどからポイントを重ねて2本のブレークチャンス。青山は続くポイントでダウンザラインがわずかに外れ、思わずラケットを落として悔しがる。結局このゲームは相手にキープされて2-4。

その後、互いにサービスゲームをキープし合う展開となる。

Danilina/アダッド マイア組の5-4で迎えた相手のサービング・フォー・ザ・マッチ、これをラブゲームで決められて試合終了。青山/柴原ペアは日本人ペアとして、2018年「全仏オープン」の穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/二宮真琴(日本/エディオン)ペア以来となる決勝進出とはならなかった。

勝利したDanilina/アダッド マイア組は決勝で、第1シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)ペア対第3シードのベロニカ・クデルメトバ(ロシア)/エリース・メルテンス(ベルギー)ペアの勝者と対戦する。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での青山(右)と柴原(左)
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】青山/柴原ペア、グランドスラム初の決勝進出ならず[全豪オープン]