ニュース News

【速報】青山/柴原ペアが第2セットを取り返す。女子ダブルス準決勝[全豪オープン]

「全豪オープン」での青山(右)と柴原(左)

現地27日に行われている「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)の女子ダブルス準決勝で、第2シードの青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアが、Anna Danilina(カザフスタン)/ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)ペアと対戦。青山/柴原ペアが第2セットを7-5で取り、セットカウント1-1としている。

2021年の「ウィンブルドン」に続く2度目の準決勝に臨んだ青山/柴原ペア。第1セットでは第3ゲームで先にブレークされるも直後に取り返した。だが、第8ゲームで3度あったチャンスを逃すと続くサービスゲームを落としてしまい、そのまま4-6でこのセットを失った。

第2セットは柴原からのサーブでスタート。デュースとされるも、キープする。しかし1-1で迎えた第3ゲーム、0-40というピンチを迎え、最後は青山のショットがネットに引っかかり、先にブレークを許してしまう。直後にDanilinaのサービスゲームでブレークチャンスを作ったが、これは相手にしのがれた。

第5ゲーム、15-40という展開となった青山/柴原ペア。それでもそこからデュースとし、Danilinaのショットが前衛のアダッド マイアに当たってから相手コートに入ったことで、これが青山/柴原ペアのポイントに。それで得たアドバンデージを決め、ゲームカウント2-3とする。

1ブレークダウンのままついていく青山/柴原ペアは、Danilinaがサーブを担当する第8ゲームで青山のボレーや相手のダブルフォールトから再度ブレークチャンスを掴む。しかし相手のショットがネットをかすったことで軌道が変わり、柴原が返せず。このゲームを相手にキープされる。

第9ゲーム、ロブがミスとなって相手にマッチポイントを握られるが、青山のボレーでこれを逃れた。なんとかサービスキープし、望みをつなぐ。

4-5で迎えた相手のサービング・フォー・ザ・マッチ、青山/柴原ペアがこのセット3度目のブレークチャンスを手にする。それをアダッド マイアのダブルフォールトでモノにし、土壇場で5-5と追いついた。

青山/柴原ペアは続く第11ゲームをキープすると、第12ゲームで2本のブレークチャンス。続くポイントで深いリターンを決め、4ゲーム連取で7-5とこのセットを取った。これでセットカウント1-1としている。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在最終セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での青山(右)と柴原(左)
(Photo by Mackenzie Sweetnam/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】青山/柴原ペアが第2セットを取り返す。女子ダブルス準決勝[全豪オープン]