ニュース News

マーベル俳優も称賛!17歳選手が歴史を作る

「全豪オープン」でのOkutoyi

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)のジュニア女子シングルスで、ケニアとイランの選手が同国の選手として初めて勝利を挙げた。米テニスメディア Tennis.comなど複数のメディアが報じている。

アフリカ大陸のU-18とU-14の大会で優勝している17歳のAngella Okutoyi(ケニア)は、フルセットの末にFederica Urgesi(イタリア)を破り、ケニア人選手として初めてグランドスラムのジュニア大会で白星を挙げた。2回戦ではZara Larke(オーストラリア)を下して3回戦にまで進んでいる。ケニアのThe Standard紙によれば、Okutoyiは1980年代から1990年代にかけて現役だったPaul Wekesaに続いて「全豪オープン」に出場した2人目のケニア人選手であり、グランドスラムのどのシングルス種目においても3回戦に進出したケニア人選手は彼女が初めてだという。

大会中にOkutoyiは次のようなコメントを残している。

「自分の国や故郷の人々を代表することができて嬉しいわ。私にとって大きなモチベーションになっているし、ケニアの子どもたちにとっても、自分にもできるという原動力になったと思う。ここメルボルンで歴史を作れたことはとても特別なこと。ケニアの人々やアフリカ全土の選手たちが、自分たちにも同じことができるチャンスがあることに気づいてくれたことを嬉しく思っているわ」

「ケニアではテニスをする人のほとんどが、私と同じように裕福ではないわ。私はそんな彼らを励まし、そのような状況に置かれているからといってここまで到達できないわけではない、自分たちを定義するものではないということを伝えたい。それは逆に、戦って良い結果を残したいというモチベーションになると思うの」

Okutoyiの功績は母国でもSNS上で注目を浴び、アフリカ中で彼女の名前がトレンド入り。ケニアにルーツを持つ俳優として初めてアカデミー賞を受賞し、マーベル映画の『ブラックパンサー』にも出演していることで知られるルピタ・ニョンゴも、自身のTwitterに「あなたを誇りに思うわ!応援してる!」と彼女にエールを送っている。

新たな歴史を作ったもう一人の女子選手は、イラン人選手として初めて「全豪オープン」で勝利を飾った17歳のMeshkatolzahra Safiだ。1回戦でAnja Nayar(オーストラリア)をストレートで下したSafiは、元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)の試合をテレビで見たことがきっかけでテニスを始めたという。ビザの取得やスポンサーの獲得といった様々な困難を乗り越えながら昨年のITF大会ではシングルスとダブルスで合わせて10個のタイトルを獲得し、ジュニアのランキングで世界74位となった。そんなSafiは「全豪オープン」では2回戦敗退となったものの、Okutoyiと同じように母国のジュニア選手の原動力になれたことを嬉しく思うと話している。一方で、イランでは常に政治がスポーツに大きな影響を及ぼしており、選手にも厳しいルールが設けられていると明かした。それでも「夢は諦めないで。何があっても自分の夢を信じて」と、自分と同じような母国の若い選手たちにメッセージを送っている。

女子テニス界の草分け的存在であるビリー・ジーン・キング(アメリカ)をはじめ、数々のレジェンドが道を切り開いてきた。最近では世界10位のオンス・ジャバー(チュニジア)がアラブ系女子選手としていくつもの記録を塗り替えている。これからOkutoyiやSafiもその後に続くような活躍を見せてくれることを楽しみにしたい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのOkutoyi
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. マーベル俳優も称賛!17歳選手が歴史を作る