ニュース News

【速報】3度目の優勝目指す大坂、世界60位選手との3回戦で第1セット先取[全豪オープン]

「全豪オープン」での大坂

21日に行われている「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)の女子シングルス3回戦で、第13シードの大坂なおみ(日本/フリー)が世界ランキング60位のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)と対戦。大坂が第1セットを6-4で取った。

大坂は「全豪オープン」で2019年、2021年に優勝。昨年の「全米オープン」を最後にしばらくコートから遠ざかっていたが、今月上旬に行われた「WTA250 メルボルン1」で公式戦に復帰し、ベスト4に進出。今大会1回戦では初対戦だった20歳のマリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア)に6-3、6-3で勝利。2回戦では世界54位のマディソン・ブレングル(アメリカ)を6-0、6-4で破り、ここまで1セットも落とさず順調に勝ち進んでいる。

一方、20歳のアニシモワはこれが3回目の「全豪オープン」出場。初出場だった2019年に4回戦に進出しているが、昨年は新型コロナウイルス陽性となり出場できなかった。アニシモワはまだ17歳だった2019年の「全仏オープン」でベスト4入りを果たして一躍脚光を浴びたが、その後コーチだった父親の突然の死という悲劇的な出来事もあり、世界ランキングはキャリアハイの21位から現在は60位となっている。今季初戦となった「WTA250 メルボルン2」で優勝。今大会1回戦では世界189位の予選通過者Arianne Hartono(オランダ)に2-6、6-4、6-3のフルセットで、2回戦では「東京オリンピック」金メダリストで第22シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に6-2、7-5のストレートで勝利した。

大坂とアニシモワはこれが初対戦となる。

試合はアニシモワのサーブでスタート。だがアニシモワはファーストサーブに苦しみ、いきなり大坂がブレークする。第3ゲームからはアニシモワがファーストサーブを立て直し、アニシモワのバックハンドのダウンザライン、フォアの逆クロス、大坂のフォアクロスなど見応えのある攻防が続く。

大坂の3-2で迎えた第6ゲームで、ファーストサーブの確率の落ちた大坂がブレークポイントを握られるが、多彩なショットでこれを凌ぐ。そしてその後はどちらもブレークポイントを与えることなく、大坂が第10ゲームのサービング・フォー・ザ・セットをラブゲームで取って第1セットを先取した。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での大坂
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】3度目の優勝目指す大坂、世界60位選手との3回戦で第1セット先取[全豪オープン]