ニュース News

【速報】ダニエル太郎、元世界王者マレーとの2回戦で第1セット先取[全豪オープン]

「全豪オープン」でのダニエル太郎

現地20日に行われている「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、世界ランキング120位のダニエル太郎(日本/エイブル)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する世界113位のアンディ・マレー(イギリス)と対戦。ダニエルが第1セットを6-4で取った。

予選を突破したダニエルが「全豪オープン」本戦に出場するのはこれが5回目。2019年大会で2回戦に進出している。今大会の予選では3試合すべてストレート勝ち。そして本戦1回戦では、世界147位のトマス・バリオス ベラ(チリ)を7-6(5)、6-1、6-1で下していた。

対するマレーは、グランドスラム3度の優勝を誇り、3年ぶり14度目の出場となる「全豪オープン」では5回準優勝している。先週には「ATP250 シドニー」で2年ぶりの決勝に進出したが、アスラン・カラツェフ(ロシア)に敗れた。今大会の1回戦では、第21シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)を相手に5セットマッチを戦い、3時間52分におよんだ熱戦の末に6-1、3-6、6-4、6-7(5)、6-4で勝利している。

ダニエルとマレーの過去の対戦は一度だけ。2016年の「デビスカップ」でマレーが6-1、6-3、6-1で勝利していた。

コイントスに勝ったマレーがサーブを選択。第1ゲーム、ダニエルがフォアハンドのウィナーを決める場面もあったが、マレーがキープ。「頑張れ」という日本語のエールも聞こえる中、ダニエルも第2ゲームをキープする。

第3ゲーム、ダニエルはラリーでポイントを重ねてデュースに。ここでマレーのダブルフォールトが出て、ダニエルが最初のブレークチャンスを手にする。このチャンスはマレーの鋭いサーブでしのがれるが、5度目のデュースでダニエルのバックハンドがコート隅に決まり、2度目のブレークチャンス。だが、これもサーブでしのがれた。それでも直後に3度目のブレークチャンスを得ると、ロングラリーの末にようやくブレークを果たした。

その後、第6ゲームでマレーにブレークチャンスが訪れる。ダニエルがドロップショットでマレーをおびき出して逆サイドに決めるという形で1度目はしのいだが、2度目のチャンスを決められ、3-3と追いつかれた。

しかしダニエルは直後にブレークチャンスを掴む。マレーが再び痛いところでダブルフォールトを犯してしまい、ダニエルの1ブレークアップに。直後のサービスゲームを今度こそはキープしたいダニエルだったが、ラリーでのショットがアウトになり、15-40というピンチを招く。しかしそこからギアを上げて4ポイントを連取し、苦境を乗り切った。

ダニエルは5-4で迎えたサービング・フォー・ザ・セットの第10ゲームをラブゲームでキープ。6-4で第1セットを取った。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのダニエル太郎
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】ダニエル太郎、元世界王者マレーとの2回戦で第1セット先取[全豪オープン]