ニュース News

【速報】ダニエル太郎、世界147位選手との1回戦で第1セット先取[全豪オープン]

「全豪オープン」でのダニエル太郎

18日に行われている「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、世界ランキング120位のダニエル太郎(日本/エイブル)が世界147位のトマス・バリオス ベラ(チリ)と対戦。ダニエルが第1セットを7-6(5)で取った。

予選を突破したダニエルが「全豪オープン」本戦に出場するのはこれが5回目。2019年大会で2回戦に進出している。今大会の予選では、世界250位のアンドレア・アルナボルディ(イタリア)、世界197位のジャン マルコ・モローニ(イタリア)、世界150位サルバトーレ・カルーゾ(イタリア)との3試合すべてでストレート勝ちを収めていた。同じく予選勝者のバリオス ベラも、予選では1セットも落とさずに勝ち上がってきた。バリオス ベラはダニエルより4つ下の24歳で、グランドスラムに参戦するようになったのは2021年の「全仏オープン」から。「全豪オープン」に臨むのはこれが最初となる。

コイントスに勝ったバリオス ベラがレシーブを選択したため、試合はダニエルのサーブでスタート。先にチャンスを作ったのはダニエル。ゲームカウント2-1で迎えた第4ゲームで2度ブレークポイントを作るも決められず、コードボールでゲームポイントを手にしたバリオス ベラがキープした。ダニエルは第6ゲームでもバックハンドのダウンザラインで再びブレークチャンスを得るが、あと1ポイントが遠い。

以降は互いにチャンスのないままサービスゲームをキープし合い、タイブレークに突入。ダニエルは最初のポイントでショットが大きく外れ、ミニブレークを許す。そこから4ポイントを続けて失うが、1-5となってコートチェンジしたところから怒涛の6ポイント連取!フォアハンドのダウンザラインでセットポイントを手にすると、最後はバックハンドを決めて7-6(5)で第1セットを取った。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのダニエル太郎
(Photo by Recep Sakar/Anadolu Agency via Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】ダニエル太郎、世界147位選手との1回戦で第1セット先取[全豪オープン]