ニュース News

ナブラチロワが妻とのリアリティ番組出演について語る

2017年グラミー賞授賞式でのナブラチロワ(左)と妻のレミゴバ(右)

女子テニス界のレジェンド、マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)が妻とともに出演するリアリティ番組について語った。WTA(女子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

1970年代からおよそ30年にわたって現役生活を送ったナブラチロワは、シングルスとダブルスで合わせて59回グランドスラム優勝を果たし、両方で世界ランキング1位に到達。シングルスのツアータイトル167はオープン化以降の最多記録と、圧倒的な強さを誇った。そんなナブラチロワは16歳年下のロシア人モデル、ユリア・レミゴバと2014年に結婚。1990年にミス・ソ連に輝き、翌年にはミス・ユニバースで3位となったレミゴバは、2000年にパリのディナーパーティーで初めてナブラチロワと出会い、その8年後に再会したことがきっかけで二人はやがて結ばれる。ナブラチロワは当時を「3日続けて一緒に朝食を食べていたら、彼女が引っ越してきた」と振り返る。

今回二人が出演する『Real Housewives of Miami(マイアミの主婦たち/以下RHOM)』は、マイアミに暮らす富裕層の女性たちにスポットライトを当てたリアリティ番組だ。この番組はニューヨークやアトランタ、ソルトレイクシティなど全米の都市別にシリーズ化されており、シーズンごとにメンバーが入れ替わっていく。レミゴバは昨年12月から放送されている『RHOM』シーズン4の主要メンバーに選ばれ、シリーズ初の同姓カップルとして登場。ナブラチロワもゲスト出演している。

ナブラチロワとレミゴバは7年前にマイアミビーチの物件を購入して3年ほど住んでいたが、その後4年がかりで建て直した新しい家に入居したばかりだ。その様子も番組で紹介される。レミゴバはマイアミ郊外で小さな農場も営んでおり、『RHOM』の広報担当によれば「敷地内の動物たちに混じって、ニワトリに餌をやったりヤギの乳を搾ったりしている姿をよく見かける」という。

ナブラチロワは半年前から始まった撮影について、「彼女(レミゴバ)は楽しそうね。想像がつくと思うけど、私はカメラから逃げてばかり」とコメントし、これは妥協を超えた愛なのだと話す。番組のタイトルになぞらえて、二人のどちらが主婦かと聞かれたナブラチロワは、「それを考えているところなの。ユリアが主婦なんだけど、掃除はほとんど私がしているのよ」と笑いながら答えている。ナブラチロワにはギャラは払われないそうだが、その分、老後はレミゴバに手厚く面倒を見てもらうとジョークを飛ばす。

レミゴバが正式に紹介された第1話では、農場でマグカップを手にするナブラチロワも登場。この番組に登場する主婦たちは派手なメイクと露出度の高い服がおなじみだが、ナブラチロワはジーンズにしわくちゃのリネンシャツ、テニスシューズという装いが定番とのことだ。新シリーズの予告編にはレミゴバが「マイアミに住んでいると素の自分でいることができて、周りもそれを受け入れてくれるの。例えば、私の妻はマルチナ・ナブラチロワなの!なんてこともね」と話すシーンも含まれている。

女同士のドラマや過激な対決も描かれているとあって、レジェンドの別の顔を見るには絶好の機会になりそうだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2017年グラミー賞授賞式でのナブラチロワ(左)と妻のレミゴバ(右)
(Photo by Scott Dudelson/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

ストレートニュースから速報、動画など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナブラチロワが妻とのリアリティ番組出演について語る