ニュース News

カナダチームがクルージングで「ATPカップ」優勝を祝う!

2019年「全米オープン」でのオジェ アリアシム(左)とシャポバロフ

国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・シドニー/1月1日~1月9日/ハードコート)で見事優勝を修めたカナダチーム。その3選手が、クルージングをして勝利をお祝いした。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

1月9日(日)に行われた決勝にて、デニス・シャポバロフ(カナダ)がパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)がロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) をそれぞれ下し、2019年「デビスカップ」決勝のリベンジを果たしたカナダ。大会を4連敗でスタートしてから劇的な追い上げを見せた。

この勝利を祝うべく、パラマッタ川でボートに乗り込んだのは、オジェ アリアシムとシャポバロフ、そしてスティーブン・ディエス(カナダ)の3選手。「ATPカップ」のトロフィーとカナダの国旗を掲げながら、有名なシドニーのオペラハウス付近の湾を周遊した。

笑顔で喜びを噛みしめている様子のシャポバロフだが、実はこのときフライトの時間が1時間後の午前11時に迫っていたのだという。しかし彼は、改めて飛行機のチケットを取り直すことにして、この貴重な体験を楽しむことにしたようだ。

チームを牽引してきた21歳のオジェ アリアシムは、最新の世界ランキングでキャリアハイの9位にランクイン。男女合わせて、史上5番目にランクの高いカナダ人選手となった。彼は、「1週間の大会が進むにつれ、僕たちは本当に良い試合をしたし、お互いに信頼し合えるようになった。そしてこの1週間、チーム全員が信頼と信念を失うことは決してなかったね」と大会を振り返っている。

新年早々幸先の良いスタートを切ったカナダの選手たち。今後はお互いに切磋琢磨しながら、2022年を良いシーズンにしていってほしい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「全米オープン」でのオジェ アリアシム(左)とシャポバロフ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニモ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. カナダチームがクルージングで「ATPカップ」優勝を祝う!