ニュース News

世界王者の国枝慎吾が現役引退「最高の車いすテニス人生でした」

2021年「東京パラリンピック」での国枝

車いすテニスの世界王者である国枝慎吾(日本/ユニクロ)が現役引退を発表した。38歳の国枝は22日、自身のTwitterにて現役から退くことを明かしている。

「2023年1月22日付で引退することになりました。夢が叶った東京パラリンピック後から引退についてはずっと考えており、昨年念願のウィンブルドンタイトルを獲得してからは、ツアーで戦うエネルギーが残り僅かである事を感じる日々でした。昨年10回目の年間王者になった事で、もう十分やりきったという感情が高まり、決意した次第です。2006年に初めて世界一位になってから17年。最後まで世界一位のままでの引退は、カッコつけすぎと言われるかもしれませんが、許してください(笑)」

「ツアーを周りはじめてから20年が経ちました。この20年の間に車いすテニスもグランドスラムで採用されるようになり、賞金も飛躍的に上がり、環境が変わっていく様を身をもって体感できました。国際テニス連盟が車いすテニスも管轄していることで、どのパラリンピック競技よりも、健常者と障がい者の垣根が低いスポーツだったと思います。まだまだ今後も更に発展していく事を願っています」

「2009年にプロ転向をしてから私の考えに共感して頂き、長い間支えてくださった所属であるユニクロ様、ホンダ様、BNYメロン様、OX様、IRC様、ANA様、麗澤大学様、YONEX様、NEC様、森永製菓様、各スポンサーの皆様に心より感謝いたします。そして、遠征中も自宅でも愛情持ってすべてをサポートしてくれる妻、いつでも相談に乗ってくれるマネージャー、今まで関わってくれたコーチやトレーナーの皆様、車いすテニスを始めるキッカケでもあるテニスクラブTTC、沢山の方々にサポートして頂きました。コート上では一人ですが、常に皆と一緒に戦えたチーム力の勝利でもありました。また、長年ともに戦ってきたライバルであり、友人でもある選手たちにも感謝を伝えます。熱い戦いがあればこそ、ここまでやってくることができたと思います」

「最後に、何より日頃から応援して頂いているファンの皆様、長い間本当に有難うございました。2月7日に記者会見を予定しているので、私の気持ちを詳しくお伝えしたいと考えています。最高の車いすテニス人生でした。今後も車いすテニスへのご声援を宜しくお願い致します!」

11歳の頃に車いすテニスと出会った国枝は、2006年の「USオープン」で2度目のグランドスラム優勝を飾ったことで、アジア人として初めて世界ランキング1位に輝く。2009年にプロ転向。パラリンピックには2004年のアテネ大会から5大会連続で出場し、「東京オリンピック」などで3つのシングルス金メダルを獲得した。グランドスラムで手にしたシングルスタイトルは32に上り、2022年には「ウィンブルドン」で優勝して悲願の生涯ゴールデンスラムを達成。年間グランドスラムは5回果たし、年末ランキング1位の座に10回就くなど、数々の偉業を成し遂げた。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「東京パラリンピック」での国枝
(Photo by Carmen Mandato/Getty Images)

■その他の放送情報などはこちらから■
【WOWOW テニス公式サイト】https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
【WOWOW テニスワールド】https://wowowtennisworld.jp/
【WOWOW テニス公式ツイッター】 @wowowtennis
【WOWOW テニスワールド Twitter】@w_tennisworld
【WOWOW テニス公式インスタグラム】@wowowtennis

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 世界王者の国枝慎吾が現役引退「最高の車いすテニス人生でした」